歯について  炭酸飲料<炭酸キャンディー

歯について 炭酸飲料<炭酸キャンディー

 炭酸飲料が歯に悪いことはよく知られている。

 

 ネットなどを見ると、歯医者さんもコーラなどの炭酸飲料が歯に悪いことを指摘している。

 

 炭酸飲料がが歯に悪いということは、誰もが疑うことのない事実だろう。

 

 子供の夏休みの実験で、炭酸飲料水に小骨を浸しておいて観察するものがあるが、一様にして小骨は解けている。

 

 しかし、まず第一にPH5.5以下の食べ物や飲み物は基本的には歯のエナメル質を溶かす。

 

 コーラはPH2.2・・・ということは歯を溶かす。

 

 しかし、炭酸飲料に限らず、いわゆる酸性の食べ物は基本的には歯を溶かす。

 

 酢・・・とかも。酢なんか直接飲む人いないと思うが、昨今の健康ブームで例えば黒酢などを常飲する人が結構多いのだ。

 

 酢は基本的には歯を溶かす。

 

 飲むことは否定しないが、要は体の健康と歯の健康のバランスだろう。

 

 日常の生活で、ビールなどPH4.3だが、歯を溶かす認識は少ない。

 

 どんな食べ物でも、衛生に気をつけないと歯に悪い(あたりまえか)。

 

 食べかすが分解されて口腔内が酸性になり、虫歯になる。

 

 その話の発展で、口が酸性状態のとき歯を磨くと、エナメル質が傷つきやすいという話を聞くことがある。

 

 30分程度たち、唾液で十分に口腔内のPHが中和されてから磨くことが推奨されている。

 

 しかし制約されている仕事中に、そんなことには気を配れない人が多いのではないだろうか。

 

 唾液はPHを中和することもあり、とても大切なものなのだが、どうやら上記は実験中での話であり、現実に食後すぐ磨いても全く害はないそうである。

 

 食事中はよくかんで唾液を出す(奥歯でよくかむと頭蓋骨が矯正され小顔になる)。

 

 食後はしっかりと食べかすを取り除くこと。

 

 特に磨く場所は歯と歯茎の間。歯のかみ合わせのところはサラッとでいいらしい(緩急をつければ時間節約になる)。
 さらに話を発展させていきたいのだが、休み時間に炭酸ソーダのキャンディーを舐めたことはないだろうか?

 

 これは炭酸ソーダを飲んだときと違う基準が当てはまる。

 

 常時歯の近くにPHの低いものがあるのだが、これは歯に悪い影響を及ぼす。唾液の中和では間に合わない。

 

 炭酸キャンディーはおいしい。

 

 しかし注意が必要だ。

 

 炭酸水を飲んでも、一瞬で喉を通ってしまい、歯に直接影響することはないように思うが、炭酸キャンディーは歯の近くに長くいることになるので辞めたほうが無難である。

 

 子供ではないので、やめられるだろう。

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め