コーヒーの健康効果

コーヒーの健康効果

 最近コーヒーのことが取りざたされている。

 

 体に悪いと一般的にいわれているが、健康にいいのか悪いのか真偽はどうなのか?

 

 カフェインの取りすぎはもちろんよくないが、一日3杯から4杯で健康を促進する、と。

 

 国立がん研究センター予防研究グループによると、「コーヒーや緑茶を日常的によく飲む人は、そうでない人に比べて病気で死亡するリスクが低い」のだそうだ。

 

 一日に3から4杯コーヒーを飲むグループが一番健康危険度が低いようである。

 

 対象が40代から65歳までの男女9万人。

 

 追跡調査19年の結果なのでエビデンスとして十分に参考にできる。

 

 興味深い指摘がされているのだが、コーヒーを飲んである病気のリスクが下がっても、一方で別の病気のリスクが上がっては意味がない。

 

 この調査で両方を鑑みて、適量のコーヒーと緑茶はどうやら確実に死亡リスクを下げるようである。

 

 同じ調査では、緑茶は飲む量が増えると死亡リスクが下がるので、1日5杯以上飲めば飲むほどよい。

 

 原因としてお茶ではカテキン、コーヒーではクロロゲン酸が血糖値を改善させ血圧調整、抗炎症作用を促進させていると考えられている。

 

 また、カフェインに気管拡張作用があり総合的に健康を促進させているのではないかと考えられている。

 

 ガンによる死亡、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患にも効果があった。

 

 ただ、コーヒーに注意点があり、自販機はやめること。
 
 甘味料として、結構砂糖が入っている。
 
 あるいはコーンシロップ。
 
 そんなものが入っているコーヒーを1日3から4杯飲んだら健康を害する。
 
 自販機なら、無糖を選ぶこと。
 
 
  有機認証取得豆に天然ファイバー、乳酸菌、天然オリゴ糖など配合!健康維持・美容を考えた「デイリーコーヒー」 

 

 

 若いころだが、肝脂肪を指摘されたことがあったが、缶コーヒーをやめたら治った。

 

 激しくスポーツして、体を動かしていたが健康診断で脂肪肝だといわれた。

 

 深酒をする習慣もない。

 

 思い当たるのは、缶コーヒーの飲みすぎ。

 

 人によってだが、コーンシロップは肝脂肪になるのだ。

 

 可能なら缶コーヒーではなく、ドリップしたものが一番いい。

 

 その際、コーヒーフレシュは入れない。
 
 コーヒーフレシュはミルクの味がするが、ミルクではない。
 
 ミルク味のサラダ油である。

 

 腐らないのはおかしい。

 

 やはりブラックで飲むことが望ましい。

 

 あと、『汚れた腸が病気をつくる』では抗生剤、タバコ、アルコール、白砂糖、脂肪の多い肉類に加えチョコレートやコーヒーも腸にはよくないと指摘されていることも付記する。

 

 矛盾しているようだが、それぞれ食後に適量飲むのがいいと思う。

 

 個人的には、チョコ、お茶、コーヒー大好きであるが、飲みすぎはもちろんよくないし、好きでもないのに健康効果を期待して無理に飲む必要もない。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め