歯について3 プラークコントロール

歯について3 プラークコントロール

 口腔ケアってメチャ大切。

 

 当たり前といえば当たり前なのだが・・・。

 

 最初は、胃腸の善玉菌と悪玉菌について調べていた。

 

 当初、このブログでも紹介していたが、明治のLG21など食べたら胃腸の調子がよくなった・・・。

 

 などどいっていた。

 

 しかし、食事のことを調べていくうちに、乳製品がよくない人もいることがわかった。

 

 調整牛乳が毒だとのコメントもある。

 

 ・・・。

 

 バナナやリンゴなどのオリゴ糖を含む果物が善玉菌によい影響を与えること知って驚いた。

 

 朝、食べてます。

 

 だからといって、何を食べたほうがいいとか、ダメとかは一概に言えない。

 

 乳製品は長い年月、広く食べられているし、毒だとは一般に思われてはいない。

 

 健康を扱うブログのなかでも、乳製品はいいという人もいれば、ダメだという人もいる。

 

 信じている人を否定しない。

 

 根拠を聞くとさもアリなん。

 

 リンゴやバナナなどの果物だって、糖が入っているので、ダメだという人さえいるのだ。

 

 (そのそれぞれが根拠があり、きっと正しいのだろうが)

 

 玉石混交の情報の中で、何を発信すればいいのか?

 

 ・・・自分が何の病気か?

 

 何にアレルギーがあるかだろうね。

 

 いずれ情報を整理するとして、ふと思ったのは、腸の善玉菌悪玉菌といっているが、口は?

 

 と思ったのだ。

 

 統計によると、大人の8割は程度の差があれ歯周病なのだそうだ。

 

 口にもかなりの細菌がいて、ほって置くと、炎症物質が出て、リュウマチ、脳梗塞、心臓病などの原因になる。

 

 糖尿病、ピロリ菌あいまって胃潰瘍、低胎児出産、早産、皮膚病。

 

 まだまだあるのかもしれない。

 

 私が参考にしている本(アルツハイマーをストップさせよう)には、脳腫瘍、アルツハイマー、パーキンソンにも関係がある・・・と。

 

 最初は腸の悪玉菌が毒素を出す、のを調べていたのだが、であれば口のプラークだって同じこと。

 

 全身をまわるそうだ。

 

 特に頭が近いので、歯周病は脳の病気になりやすい。

 

 調べきれないまだよく発見できていないことよりも、わかったことは発信できる。

 

 長生きしている人は歯が丈夫。

 

 口腔ケアは大切。

 

 信頼できる歯医者を選べ!

 

 歯を磨け!

 

 ・・・である。

 

 

 

 付記だが、上記の本の中に、オイル・プリングについての記述があった。

 

 口腔ケアによる、デトックスについてだ。

 

 腸の悪玉菌の毒素が悪さをするのと同様に、歯垢プラークの毒素が悪さをする。

 

 ココナツオイルで毎朝食前に20分程度口をクチュクチュすることにより、なんとデトックス効果がある。

 

 植物オイルなら何でもいいらしいが、ココナツオイルが一番効果的なのだとか。

 

 注意として、当たり前だが、クチュクチュしたオイルは吐き出すこと。

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め