眠りについての反省

眠りについての反省

 睡眠障害の方は意外と多い。

 

 知り合いにも、デパスやらマイスリーやら飲んでいる人がいる。

 

 個人的には、脳に作用する薬は飲まないようにしている。

 

 そもそも横になると基本1分以内に寝てしまう。

 

 (一年に一度くらいの割合で、例外的に心配事があって眠れないことがあるが・・・。)

 

 夕飯を食べて、少し横になるともうダメである。そのまま寝てしまい、2時とか3時におきて、あーもったいなかったな、とベットに行きなおす。そんなときが連日あったことがあった。

 

 軽い自己嫌悪、反省である。

 

 朝は少なくとも6時前には自然に起きる。目覚ましはつけない。機械的な目覚ましの音はイラつく。寝起きの気分が悪くなる。

 

 遅くも12時前に寝るようにしている。

 

 自分の生活習慣を反省すると、30代まで朝の2時過ぎまで起きていた。週末は3時くらいまで起きていた。

 

 時間がもったいなかったのだ。睡眠を減らせば、人の2倍3倍と人生を楽しめる、と思っていた。

 

 家族と時間を過ごした後、深夜は自分の時間だ。

 

 だから深夜12時は夕方くらいの感覚だった。

 

 昼寝を入れると、1日5時間程度は寝ていたので、体調も万全。丁度いいかなと思っていた。

 

 睡眠時間を減らす本などもいくつか読んでいて、もっと減らせないかなさえと思っていた。

 

 その後、40代前半で2度ガンになり、生還したが、散々な目にあった。

 

 色々な本を読んで勉強した。反省の日々である。

 

 (自分の命を人の言いなりになるのが嫌だったのだ。)

 

 本を読むと、ガンになる人の共通点として、深夜まで夜更かしする習慣があることがあげられていた。
 
 どんな種類のガンでも。

 

 九死に一生を得ていたので、生活を変えようと思い、その後12時前に寝ることを心がけるようにしている。

 

 すると、朝5時過ぎくらいに自然に起きる。

 

 結局睡眠時間は5時間半くらいなのだった。

 

 しかし体調が全然違う。
 
 5時間だけ寝るにしても、深夜2時から朝の7時までと、12時から朝の5時とでは全然違うのだ。
 
 この睡眠時間帯を変えたことで、冷え性が治った、とは言わないが、(色々なことをやっているので)普通の人になったような気がする。

 

 12時前に寝る。

 

 目標は11時。

 

 簡単なことだ。人にとっては普通だが、私には普通の習慣ではなかったのでここに書くことにした。

 

 若くしてガンになる人は、ビジネスや趣味など、寝るのがもったいないと思っている人のようだ。違うだろうか?
 
 体調を崩すのは、睡眠不足というよりも、寝る時間帯ではないだろうか?
 
 早く寝て、早く起きることをお勧めしたい。結局は同じなのに時間寝ているのに体調が違う。
 
 後述するが、成長ホルモンとメラトニンは11時に寝ると最大の効果を発揮する。
 
 一度夜の10時に寝て、朝3時くらいに起きたことがあったが、夜やる作業と、朝やる作業では気持ちに違いがあり、同じようには進行しない。

 

 その時間帯を勧めている医師がいるが、ちょっと私には早すぎる。

 

 因みにこのサイトは夜書いている。

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め