日光浴 ポイントは朝日

日光浴 ポイントは朝日

 朝日を浴びることは今や習慣になっている。

 

 冷え性が治り、日光浴が原因なのか一日中ぽかぽかしている。

 

 これは本当に勧めたい。

 

 体を見ても、背中が日焼けしているわけではない。

 

 温泉に行くことがよくあるが、お客さんの中に下着でも着ているように日焼けのあとがくっきりしている方がいる。

 

 一方、私はほぼ毎日日光浴しているのに、日焼けしていないのは不思議である。

 

 (現実的には曇りや雨の日が多かったりして、実質、週に3日程度の日光浴である。週3日5〜10分程度の日光浴で健康の効果は十分あるらしい)

 

 朝日で日光浴がいいのではないか?
 
 ところで朝日を浴びるのに、色々な常識的な条件がある。

 

 まず、朝日を浴びるのに上半身裸になるのだが、状況が許さない方が多いのではないか?

 

 家の位置の関係で朝日が入らなかったり、隣の家が近すぎて丸見えだったり。

 

 窓を開けると、空気が汚かったり、うるさかったり。

 

 雨の日が多かったり、曇りだったり。

 

 こればっかりはどうしようもないことなので個人的に工夫するしかない。

 

 しかし、日光浴は実感としていいなと思っていたのだが、光線治療器というものがあるのだね。

 

 ほぼ日光と同じ光線を患部に照射する治療法である。

 

 値段や維持費はけっこうするなというのが感想である。

 

 しかしメリットとしては、時間を選ばないし、天気も選ばない。カーテンを閉めて治療できるので場所の問題もクリアーできる。

 

 デメリットは値段が高いことぐらいか。

 

 光線治療器のサイトをいくつか見てみたが、要するに自然の太陽光線のほうが優れているのではないかと思った。もちろん時間の許すときに存分に日光浴できるわけではないので、治療器を購入する理由はいくつもある。

 

 太陽光はよくない、紫外線はよくない、という意見をよく耳にする。

 

 ある部分は賛成ではあるのだが、自分が日光浴を続けてみて、適度の日光浴はむしろ健康に寄与するいいことのほうが多いと思う。

 

 要は、焼きすぎ・・・ではないだろうか?
 
 なんでもやりすぎはよくない。

 

 程度の問題なのだ。また不思議なことに(昼間の日光は避けているが)、朝日を浴びていると、日焼けしにくくなるのは事実である。

 

 太陽光線を浴びても、日焼けしにくくなるのである。

 

 また、付加的な情報であるが、シミが薄くなっているような気がする。

 

 なるべく夜の11時くらいに寝るように心がけているからか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め