ベットメイキングについて 電磁波

別途メイキングについて 電磁波

 いやらしい意味は全くないのだが、ベットメイキングについて語ってみよう。

 

 電磁波について考えたことがあるだろうか?

 

 何かで偶然に見たのだが、それは非常に興味深い写真だった。

 

 写真で見たことがあるだけで、出典はさだかではないのだが、有害な電磁波を発する携帯などを近づけると、ある人は無意識に体が遠ざかるのだ。

 

 本人が意識していないのに、いやなものを避けるかのように、体の重心が携帯から遠ざかってるのだ。

 

 ある人とは、主に銀歯などをしているひとのことだ。

 

 銀歯が電磁波のアンテナになっているという説の裏づけとなる実験の写真だった。

 

 そして、その人の顔の周りにアルミホイルを巻くと電磁波の影響が軽減され、携帯を近づけても体が傾かなかった。

 

 ここは睡眠について取り上げたいのだが、睡眠中に電磁波を避けたいのだ。

 

 健康に注意深い人なら、普段携帯・・・というかスマホだね、スマホを直にポケットに入れずにカバンにいれたり、耳から少し離しているだろう。イヤホンを使ったりブルートゥースを使ったりしていることだろう。

 

 実は昼間は電磁波に対して我々はある程度抵抗力があり、普段の日常生活のなかでの電気製品の電磁波は大丈夫だと聞いたことがある。

 

 (それでも、オール電化とか電気自動車とか、あと気になるのが、リニアモーターカーなのだが・・・実は健康被害が出るのではと思っている。接している時間が比較的長時間だから)

 

 しかし昼間と違い、免疫力が下がっているとき、つまり寝ているときの電磁波には注意が必要らしいのだ。
 
 それで、寝ている間の電気毛布・・・実は、危険なのではと思っている。
 
 電柱の上についている米俵みたいなやつ。アレが寝室の近くにあると危険だと思っている。

 

 携帯の中継局。

 

 あと、でかい鉄柱の送電線。

 

 家で言うと、配電盤。あと屋根の上の太陽光発電そのものではなく、太陽電池の電流を整えるやつ(名前知らない)。その近くに寝室があるとやはり危険だと思う。

 

 (太陽光のパネルは直流電流で電磁波の危険がない。)

 

 どうすればいいのか?

 

 個人的にやっていることだが、キャンプのテントを張る下に敷くウレタンとアルミでできたシート。

 

 高くない。

 

 リーズナブル。

 

 これを切ったりして形を整えられる。

 

 これをベットの下に敷くのだ(下でなくても、電磁波がくるであろう気になる方向に)。

 

 あと、大きな車のサンシェイドも同様に使えると思う。

 

 (日曜大工よりも楽)。

 

 しかもあまり目立たない。一度施行すると、メンテナンスいらず。

 

 お勧めである。

 

 

 付記

 

 電磁波は種類によって遮蔽物を迂回する性質がある。

 

 上記施行は電磁波の種類によっては無意味である。

 

 あとはベットの位置をずらすか・・・。

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め