頭が冴えるが夜は困る ブルーライト対策について

頭が冴えるが夜は困る ブルーライト対策について

 ブルーライトとは何だろう?

 

 簡単に言えば、青色のことだ。

 

 青色は鮮やかで、美しい。

 

 壁紙や、サイトで気に入ったものを見ると効果的に青を使っているものが多い。

 

 この青色は、他の色の波長と違い、網膜に直接届くのでエネルギーが強い。また目にダメージを受けやすい、夜に青色を見続けると体内時計が来るってしまい、ホルモンのバランスが崩れる。三交代の仕事の人にガンが現実に多い。しからば、夜青色を見続けるのも危険なのではないかというのが理屈がある。

 

 理解できる。

 

 一方単なる青色が目に悪いのかという議論もある。反論として、青色は回りに満ち溢れている。例えば空は青色で、空を見て目が悪くなる人がいるか?という論理だ。

 

 それもわかる。

 

 しかし現実として、空を見ても目は痛くならないが、パソコンの画面を見続けると目の奥が痛くなる人が多いのも事実だ。

 

 何か違いがあるのかは議論の余地がある。わからない。

 

 むしろここでは現実的な対策を考えたい。

 

 ここは睡眠のカテゴリーだが、夜パソコンで頭がさえてしまい、眠れない、というのを避けるのが目的である

 

 青色で脳が興奮して、交感神経が刺激されてしまうのは事実である。
 
 現代ではパソコンは必需品で、仕事で使い、家に帰ってきて夜使い、その合間にスマホモもいじる。

 

 ほぼ一日中、LEDの画面を見っぱなしだ。

 

 光の三原則の一つで、LEDで青色が発色できるようになったことで、全ての色が表現できるようになった。

 

 パソコンの画面で、基本のホーム画面が大抵青だが、単なる青色ががいけないのではない。上記の通り、パソコンのLEDの画面では、全ての色にある程度青色が混じっている。

 

 ブルーライトが目に悪いかどうかは、個人や年齢にもよるらしい。年配の方は、徐々に白内障が進行していて、目にフィルターがかかり、ブルーライトの影響を受けにくいのだそうだ。

 

 それは置いておいて、現実的な対策として何か出来ないだろうか?

 

 私がしているのは、まず画面全体の照度を落とす、ということだ。
 
 設定で、ちょっと暗い感じにする。
 
 また、画面の設定によって青色を抑えることができる。
 
 これはネットで設定の仕方がいっぱい出ているので参考に出来る。
 
 自分が見る可能性のあるパソコンは会社のものも含め全て照度を落とし、青色を抑えている。
 
 最後に、画面にフィルターを張っている。

 

 家の個人のパソコンに張ってある。

 

 高かったし、張るのが面倒だが、画面が傷つきにくくなってお勧めである。

 

 市販でブルーライトカットのメガネも売っている(私はしていない。以上で十分だと思っている)。

 

 現代人は一日中目を酷使している。自分の目だ、多少の投資はして、目が悪くなるのは避けたいものだ。

 

 

 

 

 

・・・普段はこれを付けて仕事をしています。

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め