眠りについての冒険の巻

眠りについて冒険の巻

私は毎晩気絶するように眠る。ベットに入るや一分もしないうちに意識が遠のく。これはいいのか悪いのか?

情報の海を彷徨するあなたへ

眠りについての反省

 睡眠障害の方は意外と多い。 知り合いにも、デパスやらマイスリーやら飲んでいる人がいる。 個人的には、脳に作用する薬は飲まないようにしている。 そもそも横になると基本1分以内に寝てしまう。 (一年に一度くらいの割合で、例外的に心配事があって眠れないことがあるが・・・。) 夕飯を食べて、少し横になると...

≫続きを読む

日光浴 意外にお勧め

 ガンとビタミンD 日光浴はいいのか悪いのか? いろいろ説があるが、個人的には気にしていない。 夏の直射日光は、目に悪い。 私は茶目でまぶしがりやだ。 夏の昼間や西日はまぶしすぎてまともに目を開けていられない。 実際、南半球のペルーとかはオゾン層が薄く、白内障や緑内障の方が多いと聞く。 今ではオゾン...

≫続きを読む

日光浴 ポイントは朝日

 朝日を浴びることは今や習慣になっている。 冷え性が治り、日光浴が原因なのか一日中ぽかぽかしている。 これは本当に勧めたい。 体を見ても、背中が日焼けしているわけではない。 温泉に行くことがよくあるが、お客さんの中に下着でも着ているように日焼けのあとがくっきりしている方がいる。 一方、私はほぼ毎日日...

≫続きを読む

日光浴 ポイントは毎日少量の日焼け

 健康法を模索する中で、日焼けはいいのか悪いのか? 時代により、小麦色に日焼けした肌が健康の象徴のように考えられるたときがあった。 今では一部の人を除き、一時ほど日焼けはブームではない。 大気が汚れていて、オゾン層が薄くなり、皮膚のシミやシワだけではなく、白内障、緑内障や皮膚がんの可能性を指摘されて...

≫続きを読む

日光浴 ビタミンDという観点

 ビタミンCとかはよく聞くなじみのある言葉だ。健康に留意している人はビタミン剤など栄養の補助としてとっているかもしてない。 私自身も、胃腸を切っているので、補助としてビタミン剤を飲むことがある。 しかし、特にビタミンDに関して今まで注目したことはなかった。 ビタミンD? ちょっとなじみのない言葉であ...

≫続きを読む

頭が冴えるが夜は困る ブルーライト対策について

 ブルーライトとは何だろう? 簡単に言えば、青色のことだ。 青色は鮮やかで、美しい。 壁紙や、サイトで気に入ったものを見ると効果的に青を使っているものが多い。 この青色は、他の色の波長と違い、網膜に直接届くのでエネルギーが強い。また目にダメージを受けやすい、夜に青色を見続けると体内時計が来るってしま...

≫続きを読む

メラトニンを活用する簡単な方法

 聖書、伝道の書の11章7節というところに『光もまた快い、太陽を見るのは目とってによい』と興味深いことが載せられている。 聖書は絶対的だが、太陽を見るのは目にいいのだろうか?とずっと疑問に思っていた。 もちろん真夏の昼間に直接太陽を見たら目が危険なのは常識だ。 小学校のときに、実験でレンズの焦点を合...

≫続きを読む

成長ホルモンを十分に活用する方法

 寝る子は育つといわれているが、これは事実である。 否定する人はいない。 寝ている間に成長ホルモンが分泌されて子供は体を大きくしていく。 大人も成長こそしないけれど、この成長ホルモンが分泌され、肌や骨の再生が行われている。 シミやシワを防ぐには質のよい睡眠が必要なのである。 睡眠時間を短くても大丈夫...

≫続きを読む

ベットメイキングについて 電磁波

 いやらしい意味は全くないのだが、ベットメイキングについて語ってみよう。 電磁波について考えたことがあるだろうか? 何かで偶然に見たのだが、それは非常に興味深い写真だった。 写真で見たことがあるだけで、出典はさだかではないのだが、有害な電磁波を発する携帯などを近づけると、ある人は無意識に体が遠ざかる...

≫続きを読む


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め