食べる順番 知っている人には基本のキ

食べる順番 知っている人には基本のキ

 食べる順番を提唱し始めた人は誰だろう?

 

 わずか数年で、健康の常識になりつつある。

 

 私の持っている本は、2012年初本の『なぜ、「食べる順番」が人を健康にするのか』梶山静雄著だが、彼がその10年前に勤務していたカロリー計算中心の病院食に疑問を持ったことが最初ではないかと読み取れる。

 

 カロリー計算中心の病院食だと、完璧な糖尿病用の食事にも関わらず血糖値があがってしまう。 
 
 そこでカロリーではなく、何を食べたら血糖値があがるのか?血糖値の上昇を防ぐにはどうしたらいいのか?という観点で食事を見直したときに発見した食事法だそうだ。

 

 基本一は、まず野菜から食べる。

 

 これは別カテゴリーでも触れているが、野菜の食物繊維は腸内の糖質や脂質の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を押さえ、余分なコレステロールの排出を促してくれる。また、満腹感を得て、食べすぎを抑えてくれる。

 

 基本二は、タンパク質のおかずを食べる。
 
 氏の本によると、おかずだけ食べてしまって最後の主食だけ、は味気ないので、おかずを少し残してご飯と一緒に、と変則も許してくれている。

 

 基本三は、最後にごはん。
 
 基本四は、よく噛む。

 

 注意は、野菜を食べ始めてから、ご飯まで5分から10分程度の時間を空けること。
この炭水化物を最後に食べる食事法は、今や常識になりつつあるが、順番として基本二と三を入れ替えたら、という変則を勧める別の方の議論もある。

 

 主張によると、タンパク質のおかずは太らないのだから、先でもいいのでは?むしろ食物繊維の後で食べるとタンパク質の吸収が阻害されるのでは?などという趣旨だ。

 

 食べる順番食事法は、炭水化物が最後が要点ではあるが、健康の効果をより増すのは変則ではなく、提唱者の言っている方だと思う。

 

 やはり別カテゴリーで取り上げているが、腸内で水素なども作ってくれるので食物繊維によく働いてもらう方がいいのではないかと思うからだ。

 

 一番に食べるは食物繊維。

 

 食べる順番食事法は、インスリンの働きを正常にする効果があり、結果、血圧、血糖、中性脂肪の数値を正常に保つ。
 
 それで健康になる食事法というわけだ。

 

 本の中身はというと、食べる順で効果があった体験談とその効果の数字での検証がほとんどだったので、言っていることは至極簡単・・・が、説得力があった。

 

 体型維持に関心のある女性の方には食べる順番ダイエット法などと言われていて、痩身にも効果がある。

 

 食べ物を普段と変えないのに、健康や痩身に効果があるから広く知られ、今や常識になっているのだろう。

 

 甲田式の小食、断食食事法は、腸の消化力を基準に食事を調整するのが要点だが、結果的に似ているように思う。

 

 最後のご飯が自然と少なめになるのだ。

 

 食べる順をなんとなく気にしながら、ご飯半膳が個人的なスタイルだと告白しておく。

 

 少しいい加減のほうが長続きすると思う。

 

 いいことを知っていると、それを実行しているは随分と違う。

 

 いい加減でも少しずつ実行してみようと思う。

 

 

 

 

 

 

食べる順番 知っている人には基本のキ 関連ページ

迷宮の入り口へようこそ
食事療法の疑問
炭水化物についての逡巡 どっちなのか?
宿便ってなに?
小食で注意すること 腸のねじれ解消
断食でなくて小食という選択
朝の儀式
内容でなくて食べ方?
宿便の出し方 スムージー
心の宿便について
実際的な朝食と夕食のタイミング
肉 動物性と植物性タンパク質の違い
野菜の摂取量
百薬の長 アルコールの摂取量
タバコとアルコールの相乗効果について
ハバネロは健康にいいはずがない
意外に真理 何であっても量という毒の考え方
聖書中の食事法が結構健康法のヒント
乳製品の正解 摂っていいのか悪いのか?
ヨーグルト 努力して探せ
チョコレートの注意点
バイオリズム 食事の時間について
朝はまず何を食べるか? 
正しい食べ合わせ
正しい食べ合わせ 野菜から肉の順
解毒について
けい皮毒とは?
身の回りの毒
毒を取り入れる経路
アルコール摂取について
アルコール摂取についてのあれこれ
DHAに関する考察あれこれ
ニンニク スーパーフード?
ニンニク キムチ功罪あい半ば?
ニンニク 口臭・体臭
舌苔は口臭の原因 重曹水でうがい
AGEってなに? 糖化最終生成物
サプリの摂取量 少量は薬大量は毒
あらゆるサプリの中でビタミンCが正解
生アーモンド・アミグダリンについて
手に入る身近な生ナッツ
レンジでチンの危険
濃縮還元ジュースについて 酵素は?
ガンと人工甘味料の関係について
砂糖中毒
人工甘味料 常識レベルのはなし

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め