炭水化物ダイエットで血液浄化

炭水化物ダイエットで血液浄化

 別のカテゴリーで述べていることだが、ガンの原因はミトコンドリアの不調ではないかと確信を持っている。
 
 そのときに気づいたのが、糖の摂りすぎ。

 

 このカテゴリーで参考にしている石原氏は血液の汚れ、と述べている(漢方を処方する東洋医学の先生は、ガンは血液の汚れということを述べる方が多い)。

 

 いま色々考えると、ガンなどの初期の場合は、数ヶ月の完全な断糖は賛成である。しかしその場合、断食のほうが、断糖によるガンの飢え死にに加え悪質タンパク質の自己融解があるのでより効果的であると思う。
 
 個人的には再度ガンになったら、数日の断食をすると思う。
 
 しかしどうだろう、ガンになってから上記の方法をとるより、普段から小食にして、糖の摂りすぎを控えるのが一番の正解ではないだろうか。
 
 ガンを放置し転移するまでになると、性質が変わるといわれている。

 

 糖だけでなく最終的にはタンパク質もエネルギー源にしていくらしい。

 

 そうなると食事法が効果的なのかと思っていた。

 

 このサイトのきっかけの一つととなった『ガンの80%は予防できる』(崎谷博征著)には転移能を身に着けたガンは白血球に同化しているのでは、と述べていた(読み間違いでなければ)。

 

 正直、最初は断糖でも対応できるのだが、転移能を身に着け、タンパク質もエネルギーにするステージの変わったガンに、何らかの対処する方法はあるのかと思っていた。

 

 因みに崎谷氏はパレオ食というものを推奨している。

 

 また、このカテゴリーで参照している石原氏の本の中にも転移ガンからの生還例も載っている。

 

 どんな食事法なのか?

 

 安易にカテゴライズしてはいけないが、真逆に思える各種食事法も分析すると真に正解の食事法は似ていると思う(細かい部分はもちろん違うが)。

 

 真の正解の食事法は、原則はあっけないほどシンプルである。何か特別なサプリや薬ではない。

 

 手品でもない。

 

 新鮮で酵素たっぷりの野菜。
 
 乳酸菌の活用。
 
 脂肪を取り除いた肉(脂肪分に悪いものが入っている)。
 
 油を気にする(良質の油、動物性植物性というよりもn-3系の油)。
 
 炭水化物の摂りすぎを避ける。
 
 栄養のバランスに気をつけながら、全体的に小食にする(栄養失調とは違う。しっかり栄養はとる。ようは各人の消化力の範囲内で)。

 

 具体的な方法論になれば、アレがダメこれをしろということになる。レシピなども無限にあって、この種の本の半分は実はレシピ、だよね。

 

 しかし原理原則はどうやら上記のようである。

 

 何の変哲もない食事法なのだが、では中期長期と実行しているか?守っているか?といわれれば・・・。

 

 やはり細かい具体例がいっぱい必要か・・・。

 

 

 

 

 付記

 

 千島学説を知った後、再度上記記事を読み直すと違った理解ができる。ガンは血液の汚れで血液が分化してガンになると考えると、血液をきれいにする食事法が正解である。具体的には新鮮な野菜をとりつつ、短期決戦は断糖である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炭水化物ダイエットで血液浄化(コピー) 関連ページ

迷宮の入り口へようこそ
食事療法の疑問
炭水化物についての逡巡 どっちなのか?
宿便ってなに?
小食で注意すること 腸のねじれ解消
断食でなくて小食という選択
朝の儀式
内容でなくて食べ方?
宿便の出し方 スムージー
心の宿便について
食べる順番 知っている人には基本のキ
実際的な朝食と夕食のタイミング
肉 動物性と植物性タンパク質の違い
野菜の摂取量
百薬の長 アルコールの摂取量
タバコとアルコールの相乗効果について
ハバネロは健康にいいはずがない
意外に真理 何であっても量という毒の考え方
聖書中の食事法が結構健康法のヒント
乳製品の正解 摂っていいのか悪いのか?
ヨーグルト 努力して探せ
チョコレートの注意点
バイオリズム 食事の時間について
朝はまず何を食べるか? 
正しい食べ合わせ
正しい食べ合わせ 野菜から肉の順
解毒について
けい皮毒とは?
身の回りの毒
毒を取り入れる経路
アルコール摂取について
アルコール摂取についてのあれこれ
DHAに関する考察あれこれ
ニンニク スーパーフード?
ニンニク キムチ功罪あい半ば?
ニンニク 口臭・体臭
舌苔は口臭の原因 重曹水でうがい
AGEってなに? 糖化最終生成物
サプリの摂取量 少量は薬大量は毒
あらゆるサプリの中でビタミンCが正解
生アーモンド・アミグダリンについて
手に入る身近な生ナッツ
レンジでチンの危険
濃縮還元ジュースについて 酵素は?
ガンと人工甘味料の関係について
砂糖中毒
人工甘味料 常識レベルのはなし
肉の食べ方について ナチュラルハイジーン
肉の食べ方について2
今考える食事のベストミックス
酵素という重要な視点
酵素という重要な視点2 触媒
酵素という重要な視点3 牛乳
酵素という重要な視点4 慢性病
酵素という重要な視点5 小麦
酵素という重要な視点6 ダイエット
酵素という重要な視点7 腸内フローラと酵素の関係
酵素という重要な視点8 消化酵素
酵素という重要な視点9 イヌイットの食事
酵素という重要な視点10 膵臓の働き
肉の食べ方について ナチュラルハイジーン
肉はいいのか悪いのか? 正解
肉はいいのか悪いのか? 癌になった場合
肉はいいのか悪いのか? スーパー老人になる方法
断食 ファスティング
癌の場合のファーストチョイス 食事療法
断食を考える2 肉について
断食を考える3
酵素
ベースの食事法  原則は簡単
ベースの食事法 年齢による糖質制限という考え方
炭水化物ダイエットの注意点
ナチュラルハイジーンの解毒について
目から鱗 ナチュラルハイジーン
ナチュラルハイジーン 注意点

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め