野菜の摂取量

野菜の摂取量

 7大栄養素とは?

 

 タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル。

 

 最初の3っつが3大栄養素。

 

 体作りに欠かせない必須栄養素。

 

 次の2つをあわせて5大栄養素。

 

 (5大栄養素はとりすぎにも注意。肉食べすぎ、ガン誘発。炭水化物取りすぎ、うつ、糖尿病誘発)

 

 次の食物繊維は栄養素なのか?という意見もあるが、腸内環境を整えてくれる。

 

 その延長で、最後のファイトケミカルもあわせて7大栄養素と言われるようになっている。

 

 ファイトケミカルは発見されているもので1000種類。

 

 推定で1万種類ほどあるとか。

 

 植物の栄養素の一つで、紫外線や虫などから自分を守るためにできた植物由来の化学物質。

 

 色、香り、苦味、灰汁のもと。

 

 人間には作り出すことができない成分なので、植物から経口摂取する必要がある。

 

 食事療法では、7大栄養素を含めて1回や2回でなく10年20年の長期計画が必要。
 
 ファイトケミカルの働きは種類に応じて千差万別。

 

 機能面ではまだまだ研究中のものが多い。

 

 ポリフェノールとか、スルフォラファンとかセサミンとか・・・いろいろありサプリでも出ている。

 

 代表的な効能としては主に抗酸化作用がある。

 

 体の中の過剰な活性酸素から体を守ってくれるわけ。

 

 活性酸素は悪いだけでなく、よい面もある。

 

 私見だが、鉄が酸化すると、赤茶けてぼろぼろになる。

 

 機能を発揮しなくなる。

 

 つまり体の中の病原菌など、毒を酸化させて無力化する力があるのだ。

 

 しかし、過剰な活性酸素は自分も傷つける。

 

 その、活性酸素は必要だが過剰な分と反応してくれるのがファイトケミカル。

 

 余談だが、忙しい人が、めったに風邪を引かないのはこの適度の活性酸素と関係があると考える。

 

 適度のストレスで、適度の活性酸素が出て、風邪を引かないのではないか?
 
 忙しいときは気が張っていて、風邪を引かないのはこういうわけなのではないか?
 
 代謝がうまく働き、活性酸素も悪さをしない。
 
 たまの休みで気が緩むと、活性酸素の代謝と免疫のバランスが崩れる。
 
 これが忙しい人が、たまの休みで調子が狂ったり、風邪を引く理由?
 
 以上、私見です。何の根拠もありません。
 
 免疫機能の維持、向上もある。

 

 野菜を皮付きで放置してもしばらく腐らないのはこのファイトケミカルが守っているおかげ。

 

 効能は主に皮にあるわけだ。

 

 野菜や果物を皮ごと種ごといただくとは健康本で言われているが、一理あるわけだ。

 

 がん予防、アンチエイジング、アルツハイマーにも効果あり。

 

 ファイトケミカルは普通に普段食べている身近な野菜や果物に含まれている。

 

 じゃあ普段食べている?

 

 そう、何も特別なことはない。

 

 全ての野菜に含まれている。

 

 地産地消のもの。

 

 じゃあ何で病気になるの?

 

 いくつかの理由がある。

 

 またまた私見だが、ご長寿村みたいなのが時々テレビで特集を組まれる。

 

 彼らの食生活を見ると、何か変わったものや食材をとっていない。

 

 私たちとそう変わらない。

 

 野菜がふんだんに取り入れられているが、特別なものを食べているわけではないのだ。

 

 では、我々と何が違うのか?

 

 量とバランスと時間である。

 

 たまに野菜を食べて、食べたと思っている。

 

 野菜がなぜ体にいいかわからず、ちょっと食べて食べたと思っている。

 

 あるかも。

 

 太陽の光を浴びていない野菜は栄養素が少ない、とはよく聞く話。

 

 栄養素の少ない野菜を食べている・・・あるかも。

 

 別の理由もある。

 

 私見だが、ファイトケミカルは触媒の働きをする。

 

 つまりそれだけでは、働かないのだ。

 

 車のマフラーには排気管の途中に有毒ガスを無毒にする触媒がついている。

 

 しかし、エンジンを止めている時は働かない。

 

 排気管に空気が流れていないからね。

 

 それと同じ。

 

 ファイトケミカル単体では効果は薄いのだ。

 

 他のさまざまな栄養素が同時に必要なのだ。

 

 それで、体内で効果的に化学反応つまり代謝できる。

 

 野菜だけ食べてお腹がいっぱいということはありうる。

 

 菜食主義者は健康ではない。

 

 その他にもいろいろ食べなければいけないのだ。

 

 では、どうやったら、効果的に食べられるか?

 

 ビタミンが壊れるからという理由でサラダで食べたりするが、先述のように量が食べられない。

 

 ファイトケミカルは熱では壊れないので、ファイトケミカルをとる場合、具沢山味噌汁が効果的。

 

 熱で栄養素が溶け出すので味噌汁の具を増やそう。

 

 カレー、野菜スープなども。

 

 作り置き可能。

 

 もちろんスムージなども効果的だ。

 

 スムージは少量でいっぱい栄養素が摂れるので、他の食材も食べれる。

 

 単体の野菜でとるよりもいろいろな食材と一緒に。

 

 一回で摂取する、と言うよりも1日に何度もいろいろな形で摂取するよう心がける。

 

 生で食べ、煮て食べ、焼いて食べ、よくかんですりつぶして食べる。

 

 色々・・・と言う言葉があるが、色のいろいろな野菜を少量ずつ選んで、食数を増やすのもいい。

 

 これで量の確保。

 

 あと、一回や2回でなく10年20年のスパンで考える。

 

 時間の問題解決。

 

 ・・・自分でやっているか?といわれれば理屈はわかるが、難しい。

野菜の摂取量 関連ページ

迷宮の入り口へようこそ
食事療法の疑問
炭水化物についての逡巡 どっちなのか?
宿便ってなに?
小食で注意すること 腸のねじれ解消
断食でなくて小食という選択
朝の儀式
内容でなくて食べ方?
宿便の出し方 スムージー
心の宿便について
食べる順番 知っている人には基本のキ
実際的な朝食と夕食のタイミング
肉 動物性と植物性タンパク質の違い
百薬の長 アルコールの摂取量
タバコとアルコールの相乗効果について
ハバネロは健康にいいはずがない
意外に真理 何であっても量という毒の考え方
聖書中の食事法が結構健康法のヒント
乳製品の正解 摂っていいのか悪いのか?
ヨーグルト 努力して探せ
チョコレートの注意点
バイオリズム 食事の時間について
朝はまず何を食べるか? 
正しい食べ合わせ
正しい食べ合わせ 野菜から肉の順
解毒について
けい皮毒とは?
身の回りの毒
毒を取り入れる経路
アルコール摂取について
アルコール摂取についてのあれこれ
DHAに関する考察あれこれ
ニンニク スーパーフード?
ニンニク キムチ功罪あい半ば?
ニンニク 口臭・体臭
舌苔は口臭の原因 重曹水でうがい
AGEってなに? 糖化最終生成物
サプリの摂取量 少量は薬大量は毒
あらゆるサプリの中でビタミンCが正解
生アーモンド・アミグダリンについて
手に入る身近な生ナッツ
レンジでチンの危険
濃縮還元ジュースについて 酵素は?
ガンと人工甘味料の関係について
砂糖中毒
人工甘味料 常識レベルのはなし

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め