サプリの摂取量 少量は薬大量は毒

サプリの摂取量について 

 サプリメントの摂取量について述べてみたい。

 

『すべてのものは毒であり、毒でないものなど存在しない。あらゆるものを無毒化するのは、その服用量である』パラケルスス(16世紀の医師)

 

 至極名言である。

 

 これが正解の言葉である。

 

 例えば、水について考えてみる。

 

 水の重要性についてはもはや言うまでもないことだ。

 

 現代人は水不足、脱水症状気味だといわれている。

 

 一般に一日2リットル程度を飲むと、健康にいいと言われている。

 

 しかしでは水を飲みすぎると逆にどうなるのか?
 
 ネットなどで調べる限りでは、腎臓を壊したり、むくんだり、体を冷やしたりする。
 
 東洋医学では、代謝できないほどの水分は水毒といって、よくないものとされている。
 
 常識だが、良いものだからといってもちろん飲みすぎはよくないのだ。
 
 量なのだ。

 

 それは個人によってまた年齢によって季節によって違うはずだ。

 

 植物も水をやりすぎると根腐れする。

 

 詳しくは知らないが、専門家の農家の方は作物を大きくしたり甘くしたりするのに水を散布するタイミングがあるようである。

 

 私は中肉中背だが、100キロの大男と40キロ台の女性で一律に一日2リットルの水はいいですよ、とはいえないはずだ。

 

 実はサプリなども同様で、健康ブームでおおはやりだが、健康にいいからといってその成分を単独で抽出して本来の摂取量よりも大量に摂取することに疑問を感じている。
 
 (効果は否定しないが。あと天然か合成かも注意が必要)

 

 ビタミンCなどの水溶性のビタミンなどはいいとして(量をとる場合は一度でなく分散させる。一度に摂ると胸焼けする場合がある)、よいといわれる栄養素も大量にとってもそもそも代謝できるのか?疑問が残る。

 

 あくまでも少量で、補完的なもので十分なのではないか?

 

 とするとサプリではなく、その栄養素の入った実際の食べ物を食べることの方がマイルドに吸収でき、よりいいのではないか。

 

 (別の疑問もある。そもそも有効成分がちゃんと入っているのかどうかというサプリの品質の問題。)

 

 偏食で、太っている人がいる。

 

 太っているのに栄養失調の方がいるそうだ。

 

 ジャンクフード中心の偏った食事だと、ある要素は過剰になり、必要な栄養素が足りないことがあるのだそうだ。

 

 品数少なく質素でいいが、簡単に食べれる菓子パンやジャンクフードで腹いっぱいでなく、野菜を摂りたいものだ。

 

 私個人だが、魚が嫌いで、意識していてもあまり食べない。

 

 ビタミンCに加えDHAのサプリを補完的に摂っている・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サプリの摂取量 少量は薬大量は毒 関連ページ

迷宮の入り口へようこそ
食事療法の疑問
炭水化物についての逡巡 どっちなのか?
宿便ってなに?
小食で注意すること 腸のねじれ解消
断食でなくて小食という選択
朝の儀式
内容でなくて食べ方?
宿便の出し方 スムージー
心の宿便について
食べる順番 知っている人には基本のキ
実際的な朝食と夕食のタイミング
肉 動物性と植物性タンパク質の違い
野菜の摂取量
百薬の長 アルコールの摂取量
タバコとアルコールの相乗効果について
ハバネロは健康にいいはずがない
意外に真理 何であっても量という毒の考え方
聖書中の食事法が結構健康法のヒント
乳製品の正解 摂っていいのか悪いのか?
ヨーグルト 努力して探せ
チョコレートの注意点
バイオリズム 食事の時間について
朝はまず何を食べるか? 
正しい食べ合わせ
正しい食べ合わせ 野菜から肉の順
解毒について
けい皮毒とは?
身の回りの毒
毒を取り入れる経路
アルコール摂取について
アルコール摂取についてのあれこれ
DHAに関する考察あれこれ
ニンニク スーパーフード?
ニンニク キムチ功罪あい半ば?
ニンニク 口臭・体臭
舌苔は口臭の原因 重曹水でうがい
AGEってなに? 糖化最終生成物
あらゆるサプリの中でビタミンCが正解
生アーモンド・アミグダリンについて
手に入る身近な生ナッツ
レンジでチンの危険
濃縮還元ジュースについて 酵素は?
ガンと人工甘味料の関係について
砂糖中毒
人工甘味料 常識レベルのはなし

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め