朝はまず何を食べるか? 

朝はまず何を食べるか? 

 朝は排泄の時間なのに、体が求めているものがある。

 

 何だろう。

 

 色々な本では、朝起きたらコップ一杯の水を飲むように言っている。
 
 7〜8時間くらいの睡眠中水分を摂らず、体が脱水状態にあるといわれている。

 

 これは誰もが出来る簡単な健康法で、一理あるのではないかと思う。

 

 しかし、ナチュラルハイジーンで勧められている朝食はなるほどと感心させられる。

 

 それは、つまりコップの水ではなく植物の水分なのである。

 

 果物と野菜に含まれている水分なのだ。

 

 一回の食事で基本は、水分を含んだ果物と野菜を70パーセント程度。後の主食は30パーセント程度。

 

 ただし朝食は、果物すきなだけ。

 

 この考え方に出会う前は、基本小食にして、朝は各種サプリ、特にビタミンCとDHA・EPAのサプリを飲んでいた。

 

 もちろん、今までの食事法が間違っているとは思っていないが、ナチュラルハイジーンの食事法がより理にかなっていると思い、改めている。

 

 実は、自然由来のビタミン剤かどうかもこだわりたかったのだが、基本はわからないというジレンマがずっとあった。

 

 また、自然由来のビタミン剤でも熱を加えて加工してあれば効果はどうなのだろう、という疑問もあった。

 

 朝にスムージーを自分で作っている健康志向の方もいると思うが、毎日の習慣にするのは正直大変である(一時期やっていたので)。

 

 そこで果物を朝に食べるというのは非常に良いと思った。

 

 絶対に自然由来のビタミンである。

 

 後片付けなどの手間もほとんど無い(手を拭くくらいだ)。

 

 果物は果糖が入っていて、炭水化物ダイエットの方は気にするが、実は注意して食べれば、糖尿病の人も安心して食べられる(この点で、医師や薬剤師の方は、果物の食べすぎを注意する方がいるかもしれない。食べ方に注意すること。空腹で、他のものと一緒に食べないこと)。

 

 果糖のほかに、ビタミン、ミネラル、タンパク質、アミノ酸、酵素、脂肪酸などが入っていて、栄養的にはむしろ益のほうが大きい。

 

 私の欲している天然のビタミン剤は、薬局で買うのではなくスーパーの野菜売り場から買えばいいのである。

 

 非常に簡単な結論だ。

 

 毎日お風呂に入る方がほとんどだと思うが、果物を食べることは胃腸の掃除になるそうである。

 

 つまり果物を食べるたびに胃腸がきれいになるのだ。

 

 朝は排泄の時間ではあるが、果物はほとんど消化にエネルギーを使わないらしい。よって胃腸にストレスとならず、排泄を妨げない。

 

 食べながらも、絶食と同じ効果を上げられるのだ。

 

 これは是非試すべきである。

 

 

 付記

 

 何年かたってこの記事を読み返している。

 

 今は朝食を抜く方法が固定している。

 

 10時過ぎに、果物を食べたりしはじめる。

 

 人は安きに流れる・・・。

 

 朝一のビタミン剤やDHA、水素などは習慣になっているのが正直なところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝はまず何を食べるか? 関連ページ

迷宮の入り口へようこそ
食事療法の疑問
炭水化物についての逡巡 どっちなのか?
宿便ってなに?
小食で注意すること 腸のねじれ解消
断食でなくて小食という選択
朝の儀式
内容でなくて食べ方?
宿便の出し方 スムージー
心の宿便について
食べる順番 知っている人には基本のキ
実際的な朝食と夕食のタイミング
肉 動物性と植物性タンパク質の違い
野菜の摂取量
百薬の長 アルコールの摂取量
タバコとアルコールの相乗効果について
ハバネロは健康にいいはずがない
意外に真理 何であっても量という毒の考え方
聖書中の食事法が結構健康法のヒント
乳製品の正解 摂っていいのか悪いのか?
ヨーグルト 努力して探せ
チョコレートの注意点
バイオリズム 食事の時間について
正しい食べ合わせ
正しい食べ合わせ 野菜から肉の順
解毒について
けい皮毒とは?
身の回りの毒
毒を取り入れる経路
アルコール摂取について
アルコール摂取についてのあれこれ
DHAに関する考察あれこれ
ニンニク スーパーフード?
ニンニク キムチ功罪あい半ば?
ニンニク 口臭・体臭
舌苔は口臭の原因 重曹水でうがい
AGEってなに? 糖化最終生成物
サプリの摂取量 少量は薬大量は毒
あらゆるサプリの中でビタミンCが正解
生アーモンド・アミグダリンについて
手に入る身近な生ナッツ
レンジでチンの危険
濃縮還元ジュースについて 酵素は?
ガンと人工甘味料の関係について
砂糖中毒
人工甘味料 常識レベルのはなし

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め