聖書中の食事法が結構健康法のヒント

聖書中の食事法が結構健康法のヒント

 現代の様々な習慣や言葉の由来が聖書だったことがわかる場合がある。

 

 趣旨とずれるのでいろいろ述べないが、断食もその一つだろうか。

 

 現代のクリスチャンで断食を行っている人はいない。

 

 求められてもいない。

 

 しかし、古代神の崇拝者たち、また一世紀のクリスチャンたちは、ことあるごとに断食をしている(イエスやモーセ、エリヤなど40日40夜断食したことが載せられている)。

 

 基本的には健康目的ではなく、過去の自分の行為に対する悔い改めや神から助けを必要としているときなどに断食を行っている。

 

 今、日本人で個人として断食することはあるだろうが、国民として断食をすることはない。

 

 しかし聖書中の記述では国民が王の呼びかけである期間、神に対する悔い改めのしるしとして断食したりしている(いっぱいあるのだが、例えばヨナ書など、預言者ヨナの呼びかけによって王が悔い改め、ニネベの国民全体が断食をしている様子が書かれている)。

 

 私達にとって、断食は修行僧のもののような特別なイメージがあるが、実は所変わればで、聖書由来で一つのイベントや習慣として断食を行っている国も今でもあるのだ。

 

 あと、肉食についても興味深い記述があるので述べてみたい。

 

 創世記9章で、ノアは神からはじめて肉食の許可をもらっている記述がある。

 

 つまり人類の最初期、アダムから始まって10代目まで(人類創生から1020年程度まで)、人間は動物性タンパク質を魚のみから摂っていたのだ。

 

 また古代の規定(レビ記3章など)によると、動物の犠牲を神にささげることになっていたのだが、特に脂肪部分は最良の部分として人間が食することは許可されていなかった。

 

 現代の健康法とは全く関係ないし、神は健康のことについて直接述べたわけではないだろうが、偶然にも食事法のヒントがいくつかあるのではないかと思う。

 

 肉はいくらでもたべていいという食事法がある。もちろん炭水化物を控えて肉を食べる健康法はミトコンドリアなどを考えると一部賛成するが、人間の生理(腸内細菌フローラ)を考えると長期的には危険だと考えている。

 

 特に脂肪部分。
 
 現代では脂肪部分にその動物が何を食べて育てられてきたかという食歴が現れることがわかってきた。
 
 毒素も入っているので避けることが望ましいのだ。

 

 動物性タンパク質として、もっと魚を食べ、豚や牛などは少し控えるのがベストミックスと考える。

 

 あと、炭水化物を控えるよりも、食事を全体的に控え、かつ食べる順序を変える方がより健康に寄与する。

 

 断食は特別なもので関係ない3食はしっかり食べる、・・・というよりもお腹の調子をみながら、1食ぬくというようなこともいいのではないかと思う。

 

 

 

 付記

 

 私は生臭い魚が大嫌いで、サバはその最たるものである。

 

 DHAのサプリを飲んでいる。

聖書中の食事法が結構健康法のヒント 関連ページ

迷宮の入り口へようこそ
食事療法の疑問
炭水化物についての逡巡 どっちなのか?
宿便ってなに?
小食で注意すること 腸のねじれ解消
断食でなくて小食という選択
朝の儀式
内容でなくて食べ方?
宿便の出し方 スムージー
心の宿便について
食べる順番 知っている人には基本のキ
実際的な朝食と夕食のタイミング
肉 動物性と植物性タンパク質の違い
野菜の摂取量
百薬の長 アルコールの摂取量
タバコとアルコールの相乗効果について
ハバネロは健康にいいはずがない
意外に真理 何であっても量という毒の考え方
乳製品の正解 摂っていいのか悪いのか?
ヨーグルト 努力して探せ
チョコレートの注意点
バイオリズム 食事の時間について
朝はまず何を食べるか? 
正しい食べ合わせ
正しい食べ合わせ 野菜から肉の順
解毒について
けい皮毒とは?
身の回りの毒
毒を取り入れる経路
アルコール摂取について
アルコール摂取についてのあれこれ
DHAに関する考察あれこれ
ニンニク スーパーフード?
ニンニク キムチ功罪あい半ば?
ニンニク 口臭・体臭
舌苔は口臭の原因 重曹水でうがい
AGEってなに? 糖化最終生成物
サプリの摂取量 少量は薬大量は毒
あらゆるサプリの中でビタミンCが正解
生アーモンド・アミグダリンについて
手に入る身近な生ナッツ
レンジでチンの危険
濃縮還元ジュースについて 酵素は?
ガンと人工甘味料の関係について
砂糖中毒
人工甘味料 常識レベルのはなし

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め