AGEってなに?

AGEってなに?

 AGEとは糖化現象の一つ。

 

 では糖化とは?

 

 タンパク質が糖と結びついて加熱により変性する反応のこと。

 

 食事で血糖値があがり血液中のブドウ糖が過剰になると、体をつくっているタンパク質と糖が結びつき体温で糖化現象を起こす。

 

 さらに上記AGE(advanced glycation end products日本語訳は糖化最終生成物あるいは終末糖化産物)を生成する。

 

 これは体中の細胞に溜まり、心筋梗塞、動脈硬化、骨粗しょう症、白内障、認知症、脳梗塞を引き起こす。

 

 (AGEの蓄積が細胞の酸化ストレスや炎症の進行のきっかけといわれている)

 

 細胞に溜まるので、赤ちゃんにはなく年をとり老人になるほど増えてくる。

 

 皮膚に溜まればシミ・シワの原因にもなる。

 

 いったん溜まると取れないそうである。

 

 糖尿病の合併症が起こる過程と同じだが、糖尿病の患者に顕著なだけで、血糖値があがれば普通の人にも起こるのだ。 

 

 ではどうしたらAGEが細胞に溜まるのを避けることができるのか?

 

 ひとつの回答は高血糖状態を避けることである。

 

 つまり糖尿病患者の糖尿病食を参考にすることである。

 

 甘いものを控える。
 
 炭水化物、とくに小麦を避ける。
 
 野菜を多く取る(火を使わないサラダがベスト)
 
 肉は大切な栄養素だが少量にする。
 
 揚げ物を避ける。
 
 (火で焼くとAGEが生成されそれを食べることになる。少し前の話だが、肉食がガンの元になるという興味深い研究結果が発表され、世界中で話題になりその後すぐに打ち消されたことがあった。特にベーコンやソーセージなどの加工肉が危険だと報告していた。すぐにニュースで否定され今は話題にさえなっていない。これはAGEのことを言っていれば合点がいく。肉は少量がベストである)

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め