流行りの水素水に物申す?

 水素水の効用に疑問を持つ人がいる。

 

 万病の元は活性酸素なのだが、水素水を飲んでも思うほどの効果が得られていないというのだ。

 

 実は一理あるのである。

 

 活性酸素の中で一番悪いヒロドキシルラジカルなのだが、体調の悪い人は常時出ているのである。

 

 (水素はいくつかある活性酸素の中でヒロドキシルラジカルという一番無用な活性酸素だけを無毒化するという都合のいい物質だが、その理由は両方とも一番反応しやすい物質だからである。水素で有用な活性酸素が除去されることはないのである。・・・活性酸素の中にも有用なものもある)

 

 アルカリ電解水についてOH?が含まれていると前の記事で指摘したが、一リットルの中に0.88ミリグラム程度含有されているだけなのである。

 

 水素ガスを含む水素水も本来は水の溶存水素量が決まっていて、高含有を保証する製品もあるが基本は水素の絶対量が少ないのである。

 

 つまり何が言いたいかというと、飲まないよりはましだがヒロドキシルラジカルを効果的に除去するのには基本少なすぎるのである。

 

 (ルルドの水をはじめ、アルカリ電解水など水で健康になろうとする人は2リットルどころではなく3リットル4リットルと飲んでいる。で、できるかっての)

 

 じゃあどうすればいいのか・・・別のページで書くことにする。


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め