油について6 油抜きダイエットってどう?

油について6 油抜きダイエットってどう?

 ダイエットで油を抜く人がいるが、それは危険である。

 

 一昔前には常識とされていたことが、今では否定されている。  

 

 油を摂るとおなかの脂肪になると連想するのだが、私たちの体はそう単純ではないようである。

 

 必要以上に油が体に入ると、肝臓が脂肪の製造をストップするのだ。

 

 今炭水化物ダイエットが主流だが、そのメカニズムは炭水化物の糖質が肝臓で脂肪に変化するからである。

 

 油が脂肪に変化するのはストップがかかるが、体内で消費されなかった炭水化物の糖質は無制限に脂肪に変化するのである。

 

 油の摂りすぎで太るのではなく、炭水化物の摂りすぎで太るのだ。
 
 炭水化物ダイエットはある意味正しいのである。

 

 (厳密にいうとマイルドな糖質制限が良いと思う)
 
 アメリカの統計だが、1980年、国の施策で健康のために低脂肪食を推奨したことがあった。 

 

 油を我慢し炭水化物を増やす。

 

 いわゆる油抜きダイエットである。

 

 結果、なんと糖尿病が増え始め、2011年には1980年の3倍以上になったそうである。

 

 油抜きは実は危険なのだ。

 

 オメガ3などのバランスを保ちつつ、炭水化物を制限するのが健康的なダイエットには理想なのである。

 

 

 

 

付記

 

 油抜きダイエット、探したが今は勧めている動画さえない・・・。

 

 いいことだな。


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め