油について3 コールドプレス

油について3 コールドプレス

 コールドプレスってなに?

 

  何年か前に伊豆の大島に旅行に行ったことがある。

 

 椿がきれいな季節で、どこに行っても島中椿が咲いていた。

 

 椿のトンネルのようなところもあり、気候もよく、とても楽しめた記憶がある。

 

 さて、ぶらぶら街中を歩いていると、道の横で圧搾機を動かして椿の種を絞っている小さな工場があった。

 

 工場といっても横長で10畳くらいの大きさのところで、隅のほうで油を展示販売していた。

 

 そこにローテクの圧搾機が置いてあり、椿の種から直接油を搾り取っていた。

 

 その機械が動くさまはまったく見慣れない光景で、実際に見たほうがいい。文章ではうまく説明できない。

 

 壁ひとつで中にはいって、工場を見学できるのだが、店主が機械をうごかしながら椿油のことをいろいろ説明してくれる。

 

 一般的に髪の毛につけて整髪するのに使うと思うが、てんぷらを揚げるなど食用としてももちろん使える。

 

 ここでコールドプレスだが、原材料が70度以下で圧縮して油を抽出する方法である。

 

 (どうやって油ができるのかほとんどの人は知らないし、興味もないのかもしれない)

 

 (50度以下、低ければ低いほど望ましいといわれている)

 

 この方法は無駄が多いが、原材料の栄養素を壊さず油を抽出できる優れた方法である。

 

 一方で一般的なサラダ油だが、原料は確かに植物でサラダなどと名前がついているので健康にいいのかと思いがちだが実はそうではない。

 

 時に200度程度の熱を加え、可能な限り油を搾り取る。薬品を混ぜて漂白、脱臭し精製油が完成する。

 

 高効率であるが、これでは油の中のさまざまな栄養素は熱によって変質してしまっている。

 

 熱処理することでトランス脂肪酸という悪い栄養素も入っている。

 

 それがスーパーで安く売られている植物油の正体なのだ。

 

 日本で、ガンや認知症が加速度的に増えている理由のひとつにこのサラダ油があげられている。

 

 もちろんサラダ油を完全には避けることはできない。

 

 なんにでも入っているのだ。

 

 しかしなるべく摂取を少なくするよう意識することはできる。

 

 油ものの料理を控える。

 

 油をかえる。

 

 コールドプレスとよく聞くことがあるが、できればコールドプレスの油を買いたいものだ。

 

 ちなみに、椿油は無香料で整髪に使っていて探せば近所のスーパーで売っている。

 

 大変お勧めである。 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め