油について2 オメガ3

油について2 オメガ3

 以前、ガンはミトコンドリアの不調が大きな原因ではないかと述べたことがあった。

 

 ではなぜミトコンドリアが不調になるのか?

 

ここでは推測だが、油がその原因のひとつではないかと考えている。

 

 なぜなら油が細胞の原材料だからだ。 

 

 食事としての油のとり方に注意したいが、コレステロール、オメガ3、オメガ6の脂肪酸は細胞膜やホルモンの原材料になっている不飽和脂肪酸。

 

 ほとんどの人は、通常の食事でサラダ油としてオメガ6の脂肪酸は十分とっている。

 

 オメガ3は亜麻仁油、魚の油に含まれているが、摂取量が不十分である。

 

 (一時期油抜きダイエットが流行したが、今そのダイエットは誰も推薦しない。油は必須の栄養素であり、油を抜くと肌がカサカサになり、糖尿病の発生リスクが高まることが分かっている)

 

 オメガ6が悪いといっているのではなく、オメガ3の摂取が足らないのだ。 
 
 両方必要なのに不飽和脂肪酸のバランスが悪いのだ。

 

 オメガ3と6の理想的なバランスは1対4といわれている。

 

 日本人は通常油を気にしない人は1対5。

 

 (アメリカ人は非常にアンバランスで、1対17と言われている)

 

 つまり意識して少し魚を多めに食べ、サラダ油を減らせばいいのだ。

 

 (ちなみにオメガ3と6の比率は1対1が理想という研究もある)

 

 オメガ3は炎症を抑制したり、アレルギーを抑制する働きがある。

 

 それでアトピー体質や、花粉症の方にもオメガ3を意識して摂取することをお勧めする。

 

 (ちなみに魚だが、細かく言うと、養殖の魚はなぜかオメガ6が多く含まれているのだとか) 

 

 オメガ3は熱に弱い。天然ものの刺身(生)が理想ではある。

 

 反対はしないが、魚を手軽に食べようとして回転寿司に行くのもどうかと思う。原材料が安いので、どういう魚を使っているのか不安である。

 

 別のオメガ3の元は亜麻仁油であるが、買おうと思って量販店に行くと、軒並み売切れである。

 

 しかもいつ行っても。

 

 ブームなのか?

 

 個人的には、手軽に入手できる魚脂(DHAとEPA)のサプリを利用している。

 

 良質のものでないと原材料が汚染されていて水銀が混じっているという話を聞いたことがある。

 

 (見つけたときは亜麻仁油、ココナツオイル等を購入している)

 

 これでガン予防や、認知症予防になればと考えている。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め