油をめぐる冒険の巻

油をめぐる冒険の巻

一時、ダイエットで油抜きの方法が流行ったが、今は昔。健康には油を積極的に取る方が正しいのだ。

情報の海を彷徨するあなたへ

オリーブオイル コールドプレスにかぎる

 女性は便秘で悩むが、男性は下痢で悩む。 改善策としては、オリゴ糖や食物繊維の豊富な食べ物、散歩なんどのマイルドな運動で腸の蠕動運動を促すことがあげられる。 それに加え、オリーブオイルはどうだろうか? 紀元前から便秘に有効と認められてきている。 何と言っても、どのスーパーでも購入できるのがいい。 比...

≫続きを読む

油について  病気の原因

 日常的に何の疑問も持たずに食べている油。 コンビになどではポテトチップスやスナックの類、から揚げ弁当など油を使った食べ物であふれている。 私は本来は揚げ物が大好きで(ジャンクフードも)、一人暮らしのときは気づくと三食全部揚げ物だったということもしばしばだった。 料理が面倒くさくてポテチ丼を食べ...

≫続きを読む

油について2 オメガ3

 以前、ガンはミトコンドリアの不調が大きな原因ではないかと述べたことがあった。 ではなぜミトコンドリアが不調になるのか?ここでは推測だが、油がその原因のひとつではないかと考えている。 なぜなら油が細胞の原材料だからだ。  食事としての油のとり方に注意したいが、コレステロール、オメガ3、オメガ6の脂肪...

≫続きを読む

油について3 コールドプレス

 コールドプレスってなに?  何年か前に伊豆の大島に旅行に行ったことがある。 椿がきれいな季節で、どこに行っても島中椿が咲いていた。 椿のトンネルのようなところもあり、気候もよく、とても楽しめた記憶がある。 さて、ぶらぶら街中を歩いていると、道の横で圧搾機を動かして椿の種を絞っている小さな工場があっ...

≫続きを読む

油について4 マーガリン

 小豆(あずき)が好きである。 つぶアン派かこしアン派かばかばかしい議論があるが、問われれば、断然つぶアン派である。 さてかつての大好物は、コンビニであずきマーガリンのコッペパンを買うことであった。 これにコーヒーで最高のおやつである。思い出すとよだれが出る。 あずきとマーガリンのハーモニーは完璧で...

≫続きを読む

油について5 リノール酸

 サラダ油を少し控える。魚などのオメガ3を少し増やす。 全体として、油のバランスを整える。 ・・・という話をしたが、サラダ油をほぼ摂らないように勧めている人もいる。その根拠だが、サラダ油はアルツハイマー病やうつ病。脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、ガン、肝炎、皮膚炎、花粉症などの...

≫続きを読む

油について6 油抜きダイエットってどう?

 ダイエットで油を抜く人がいるが、それは危険である。 一昔前には常識とされていたことが、今では否定されている。   油を摂るとおなかの脂肪になると連想するのだが、私たちの体はそう単純ではないようである。 必要以上に油が体に入ると、肝臓が脂肪の製造をストップするのだ。 今炭水化物ダイエットが主流だが、...

≫続きを読む

油について7 ココナツオイル

 よい油は健康的なダイエットに効果的である。 積極的に摂ったほうがいいのだが、ココナツオイルはどうだろう。 (・・・といってもココナツオイルはもはや常識的なので、言うまでもない気がするところだが) ここでは私がどうやってよいオイルを摂取しているか話したい。 朝起きると、コーヒーとともにエゴマ油ひとさ...

≫続きを読む

油について8 ケトン体ってなに?

 ケトン体とは、ココナツオイルの中鎖脂肪酸が肝臓で生成するエネルギーのことである。 これはブドウ糖と同じように細胞のエネルギーになる。 パンにココナツオイルをぬって食べると、パンは炭水化物なのでブドウ糖になる。 肝臓はブドウ糖の代謝を優先させてケトン体回路はうまく働かない。 よって、ココナツオイルは...

≫続きを読む

油について9 ケトン体とケトアシドーシス

 ケトアシドーシスという言葉がある。 糖尿病患者の方が意識障害を起こすときに使われる言葉である。 糖尿病のとき、細胞がブドウ糖を取り込めない状態が急速に進むと、エネルギー不足を補うために脂肪からケトン体を作り始め、その時に血液のpHバランスが酸性に傾きすぎ意識障害を起こしてしまうと言われている。 ケ...

≫続きを読む

水・水・水・水・水

 ひと頃、一日に水を2リットル飲むと健康にいいというものが流行った。 さて色々と流行り廃りの多い健康法だが、この水を飲むという簡単な 健康法を継続している方は今現在どれほどいるだろう。 ブームの過ぎた今、このあまりにも簡単な水を飲み続ける健康法を続けている人は意外に少ないと思う。 私は、決意を新たに...

≫続きを読む

軟水・硬水、またphについて

 軟水と硬水、またpHについて。 水の専門家ではないのであくまでも受け売りだが、簡単に言うと、日本の水は軟水、ヨーロッパからの輸入の水は硬水。 健康にいいのは、どちらがいいかというと硬水。 硬水と軟水の違いはカルシュウムやマグネシュウムなどの含有ミネラルの違いで、ヨーロッパは平地が多く、雨や雪が地中...

≫続きを読む

流行りの水素水に物申す?

 水素水の効用に疑問を持つ人がいる。 万病の元は活性酸素なのだが、水素水を飲んでも思うほどの効果が得られていないというのだ。 実は一理あるのである。 活性酸素の中で一番悪いヒロドキシルラジカルなのだが、体調の悪い人は常時出ているのである。 (水素はいくつかある活性酸素の中でヒロドキシルラジカルという...

≫続きを読む


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め