オリゴ糖について 甘いけどけっこういい

オリゴ糖について

 スーパーの食材売り場で普通に売られているオリゴ糖。

 

 今まで見過ごしてきたのだが、整腸作用があり腸内フローラの栄養素の一つだ。

 

 羅漢果由来の砂糖に似た調味料が健康にいいのではないかと思っていた。

 

 (ラカントとは0カロリーの商品でが人工甘味料と違い自然食品である。通常は薬局などで売っていて、糖尿病の人などが砂糖の変わりに使っている)

 

 これはこれでいいのだが、オリゴ糖は見落としていた。

 

 消化耐性があり、小腸で吸収されにくいので食物繊維に分類されることがある。

 

 大腸まで届きビフィズス菌などの善玉菌の栄養素になり、ある種のビタミンを産生する。
 
 カロリーが砂糖の2分の1程度でその上吸収されにくい、つまり血糖値が上がりにくい。
 
 甘いものを控えずにダイエットできる。
 
 整腸作用があり、大腸がんの予防になる。

 

 しかし、体質によってはオリゴ糖が合わず、下痢になる人もいるので注意が必要である。

 

 発酵食品などで外から乳酸菌を入れるのはいいことだが、基本はおなかに定着しにくいようである。

 

 オリゴ糖などをとると何がいいかというと、自前の腸内フローラの善玉菌を刺激することができるのである。

 

 

 付記

 

 ダイエットや糖尿病などで砂糖を控えている人で上記ラカントを取り入れる人がいる。

 

 しかしラカントは甘いは甘いが砂糖とは違った味がするのだ。

 

 少し苦い。

 

 その点でオリゴ糖は砂糖の代用として一歩秀でている気がする。

 

 値段も高くない。

 

 

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め