風邪予防 悪寒がしたら〇〇を温める

風邪予防 悪寒がしたら〇〇を温める

 ガンには何度かなっているが、風邪はまずひかない。

 

 正確にいうと、風邪気味のときは一年を通してもちろん何度かある。

 

 だが、病院にあまり行きたくないのだ。

 

 抗生剤をあまり飲みたくないのだ。

 

 抗生剤は、腸内フローラにも大きなダメージを与える。

 

 (インフルエンザの予防接種も受けない)

 

 薬は基本的に、体内に何らかの化学変化を起こす。

 

 だいたい健康を気にして食品のパッケージを見たり、味の素を化学調味料だ、と使わないわけだから、薬は基本的には飲まない。

 

 だって薬は化学調味料そのものでしょ。

 

 もちろん止むを得ずにに飲むことはある。

 

 薬そのものを否定しているわけではない。

 

  歯医者の治療後の痛み止めとか・・・絶対に必要なものだと思う。

 

 (ガンの治療で、抗がん剤飲んだし、傷跡の痛み止めでモルヒネ打ってるからね)

 

 今後も何かしら止むを得ず飲むことはあると思う。

 

 インフルエンザ予防ワクチンは個人的に打たないが、インフルエンザにかかったらすぐに飲むと症状が出ない薬もあるようだ。・・・そういう安心感もあって注射をなるべく打たない。

 

 ・・・インフルエンザにかかったら自然治癒で治すという意見もネットでは散見される。否定しないが、私はそうなったら薬を飲む。

 

 (インフルエンザに無頓着ということではもちろんない。うつらない対策を立てた上で、注射など予防接種は受けないということ。)

 

 さて、風邪の悪寒を感じたら、私はあることを急いでする。

 

 (ビタミンCは毎日飲んでます。)

 

 体のある部分を温めることだ。

 

 水分を摂って汗をかく・・・ではない。

 

 汗をかいて寝るのはもうかかっているよね。

 

 もう苦しいよね。

 

 そうなる前に、背中の心臓の裏側にホカロンなどのホットパッドをあてて寝るのだ。
 
 もちろん低温火傷に注意。

 

 学生時代水泳が好きで好きで・・・趣味の範囲だが。

 

 毎日プールに行っていた。

 

 冬、バイクでプールに行くのだが案の定風邪を引く。

 

 何しろ寒い。凍えるように寒いのだ。

 

 風邪のところを無理して連続してプールに行くと結局何週間も治らない。

 

 むしろ風邪がおもくなっていく。

 

 そういう中で偶然発見した治療方法である。

 

 胸じゃなく、背中がコツなのだが、心臓の裏を温めると大抵おもくならず半日で治ってしまうのだ。

 

 またプールに行くために一生懸命治すのだ。

 

 馬鹿だね。

 

 今もプールは大切な趣味です。

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め