スロージョギング 正直こんな気持ちいい趣味はない

スロージョギング 正直こんな気持ちいい趣味はない

 ウオーキング、ウオーキングと言っていて恐縮だが、ジョギングは私にとってもはや生活の一部になっている。

 

 実は今日や昨日の趣味ではない。

 

 もう学生時代から始まって、何十年としている。

 

 ジョギングは体にいいはずだが、(説得力がないのだが)2度もガンにかかっている。

 

 私なりに反省すると、ジョギングの益よりも他の生活習慣が悪すぎたと思っている。

 

 (毎日2時過ぎくらいまで起きていた。時間がもったいなくて、あと、冷え性であった。食事はいい加減なものを食べていた。ガンになる前は下痢と便秘を繰り返していた。)

 

 ジョギング自体は健康に寄与すると思っている。
 
 病気療養中のときもすぐに歩き始め、傷口が痛くても、よく歩いた。

 

 今私は、誰かより速いことにはまったく興味が無い。

 

 ゆっくりと走りを楽しむのだ。

 

 スロージョギング。

 

 脈もほとんど変わらず、その気になればいくらでも走れる気のするスピードである。

 

 ゆっくりゆっくり、歩くよりちょっと速いスピードで走る。

 

 正味20分程度走り、後の10分程度はウオーキングもする。

 

 クールダウンである。

 

 ウオーキングしながら腕を振り、肩甲骨を動かす。

 

 よく追い越されるが、誰かより速いことなど意味が無いことである。

 

 スロージョギングのコツだが、いい靴を履くこと。
 
 どこもかしこもアスファルトやコンクリートで、やわらかい土のところはない。安い靴だとクッションが硬く、すぐに関節やひざが痛くなる。
 
 クッションの効いたいい靴をはくこと。
 
 ウオーキングのページでも書いたが、フォームは大切である。

 

 お腹を引っ込めて呼吸を整えてゆっくり走る。

 

 正味30分程度なので、家族も気づかないくらいだ。

 

 私は家族が風呂に入るタイミングで走りに行く。

 

 (実は水泳が一番の趣味。若いころ朝シャンをしていた。何年か毎日の様にプールに行っていた。そこで頭を洗う。家でも風呂で頭を洗う。バイクで移動しているとヘルメットに髪の毛がこすれ抜け毛がすごい。すると鏡である時頭が薄くなっていることに気づいた。父親が剥げていることもあり、何とか抜け毛を防ごうと朝シャンを辞めた)

 

 すると丁度帰ってくると交代で自分が入れるのだ。

 

 スロージョギングはお勧めである。

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め