メモ

(メモ)

 

 周波数のことを調べていたら、まったく違う分野だがリンクすることがいくつかあった。

 

 以下推測なので、参考程度にしていただきたい。

 

 (間違っているかもしれないので)

 

 鉄球と鉄球をぶつける。

 

 すると、一瞬だがぶつかった一点の分子と分子がくっついている映像を見た。

 

 もちろんすぐに反発して離れてしまうのだが、一瞬だけ一つの塊のように分子と分子が並ぶのだ。

 

 ほーおもしろい。

 

 それだけだろうか?

 

 僕はいくつか推測することがあった。

 

 車のエンジンやボディーにシールを張ると性能がよくなる・・・という製品についてだ。

 

 あと、体にくっつける健康ネックレスやシール。

 

 実は両方ともいくつかもっている。

 

 車にしろ健康にしろ体感できるほどではなかった。

 

 オカルトグッズなどと呼ばれているが、一般に効果はあるのだろう。

 

 いろいろな製品が結構な値段で売られている。

 

 一方で希少金属というのがある。

 

 ほんのわずかな量を混ぜることでその金属の特性を変えてしまうものだ。

 

 (だから希少というわけではない。存在が希少なのだろう)

 

 ネオジュウム磁石などがその例だ。

 

 その物質の断面を見ると、ほんのわずかに希少金属が混じっているだけでいいのだ。

 

 ということは・・・。

 

 ある金属をシールにして別の金属に張れば張った表面の金属は合金のような特性を持つことになるのでは?

 

 そう。

 

 接触しているその部分だけ金属の特性が変わるのではないか?

 

 もちろん乗り心地が変わる程度にするには効果的なところに張ることが必要だ。

 

 エンジンルームでもプラスチックのところではなく、金属の摩擦部分、エンジンヘッドとか。

 

 あと、健康グッズもある。

 

 金属を粉末にしてシールにして、体に張ったり、下着に糸状に縫いこんであって肌につけるものとか・・・。

 

 チタンとかプラチナとかよく健康にいい言われている。

 

 これはどう推測できるだろう。

 

 ここでようやく、波動・・・、周波数が出てくる。

 

 接触部分が、その金属の波動の影響を受けるのではないか?

 

 しかし、このことを書いてある本や論文ってないんだよな。

 

 教科書みたいなの・・・。

 

 あの製品を作っている人たちは、どういう根拠で作っているのだろう。

 

 でもおそらく上記の理由だと推測する。

 

 金属の縫いこんである下着がスポーツ洋品店で売っていた。

 

 横には効果があることを宣伝するDVDが流れている。

 

 ほ、欲しい。

 

 でも、メチャ高。

 

 ・・・。

 

 なんでこういうのって高いのだろう。

 

 効果はあるんだろうけどね。

 

 補足だが、金属を縫いこんだ下着はガン予防にいいかもしれない。

 

 以前、ガン遺伝子とその周りの体組織の影響が重なってガンが発病する、というような記事を書いた。

 

 こういう全体を覆うような下着は、なんか効きそう。

 

 

 

 耐久力もあり、いいと思う。

 

 自分用に一つ、別のものを両親用に購入。 

 

 

 

 

 付記

 

 自分で下着や靴下を買おうと思い、店に行く。

 

 服はともかく直接肌についているものを選ぼうとしたのだ。

 

 ある金属を混ぜた服がいいなら、いろいろ試したいことがある。

 

 シルク製品が肌にいいといわれているが、ほとんどの下着が実は化学繊維が織り込まれているのだ。

 

 せめて化学繊維の含まれていない下着があるかどうか探そうと思ったのだ。

 

 さがす。

 

 探すとある。

 

 探さないと、ない。

 

 高くない。

 

 肌触りがいいというわけではない。

 

 身に着けたからと言ってどうという違いはないが、気にされている方は試すといいと思う。

 

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め