今更ながら電気ってなに?

今更ながら電気ってなに?

 正直、電気ってこともないだろうというのが感想だろうか?

 

 日常生活に深く入り込んでいる。いまさら学校の試験でもないだろうし、電気についての知識が必要だろうか?

 

 一体健康とどんな関係があるのだろうか?

 

 実は、私自身も電気(電子)についてそれほど詳しく理解しているわけでもない。しかし中3程度の知識で、健康に寄与する理解が得られると考えている。

 

 興味を持ったのはやはりミトコンドリアのカテゴリーで活性酸素を知ったからだ。

 

 そこから、電磁波や周波数を調べまくり、そして電気(電子)に帰ってきた。まさに冒険の旅だった。

 

 活性酸素は電気的にプラスに帯電している。つまりマイナスの電荷を探しているのだ。それで付近の細胞の自由電子を奪ってしまい結果傷つけてしまう。ガンその他あらゆる病気の根源とされている。

 

 それで水素の摂取はいい、との一つの結論を得ている。

 

 水素はマイナスの電荷を持ちやすく、摂取すると活性酸素を無毒化してくれるのだ。つまり水素の摂取は活性酸素の無毒化である。

 

 一番いいのは、経口摂取よりも水素風呂と言われている。水素の分子があまりに小さいので、胃や腸から摂取するよりも体全体で浴びたほうが、結局体に摂取する水素の総和は多いということなのだ。

 

 そのためのグッズも売られている、が、高い。

 

 私自身は当初水素水を飲んでいた。しかし一定量の水を飲み続けるのは哲学が必要だろう。他のカテゴリーを調べているうちに腸内細菌から水素を得る可能性について知り、今は主に腸内細菌によい食生活を心がけている。

 

 水は飲んでいるが、それほど量は飲めない。トイレに行く回数が増えて実用的でないと考えている。

 

 さて、電気についてだが、中3程度の知識しかないので、推測や憶測があるが、参考になるところだけ読んで生活に取り入れてみてほしい。

 

 電気についてはオームだとか、ワットだとか、電圧だとかいろいろあるが、申し訳ない、健康のことを解説するのにはほとんど必要ない。

 

 それに電子の流れと電流の流れが反対とか、健康には全く関係ない。

 

 そういう解説は一切省く。

 

 必要最低限の情報と、憶測と推測のオンパレードであることをはじめに言っておきたい。

 

 推測だが、健康のカギはどうやら静電気の制御にあると考えるようになった。

 

 皆さんはどうだろうか?

 

 静電気とは、小学生のときによくやった下敷きを繊維質の布でよくこすって頭に近づけると髪の毛が逆立つアレだ。

 

 ユーチューブなどでは静電気の実験を数多く動画で見ることができる。

 

 プラスチックの下敷きと髪の毛がそれぞれプラスとマイナスの電荷を持ち、磁石のように引き合う。

 

 この現象は、摩擦の起きるところなら、日常生活のどこにでも起きている。

 

 物質の接触するところなら、原子の周りを回る自由電子の移動が起き、冬とは限らず静電気がおきているのだ。

 

 そこには必ず、磁石のように引き合う力が働く。

 

 実は、私達は静電気が溜まるようにできている。日常生活で、何もしなくても静電気が起きているのだ。

 

 パチンと感じられるほどではなくても、ごくわずかだが静電気は発生している。

 

 発生源は血液の循環による摩擦である。

 

 血液ドロドロなどというが、簡単にいえば自分がプラスに帯電しているので、血液同士がパソコンに埃がくっつくようにくっついているのである。

 

 そしてプラスに帯電しているということは、マイナス電子が足りないということ。

 

 つまり静電気体質の人は危険な活性酸素も多いということ。

 

 静電気を放電するためにはどうしたらいいのだろうか。

 

 はだしである。
 
 土いじりや畑仕事。
 
 風呂に入る。
 
 つまりアースをとると言うことである。

 

 興味深いことに、血液が酸性だと静電気体質になるのだそうだ。

 

 逆のアルカリ性にするには腸内細菌を活性化させる食べ物になる。

 

 それは新鮮で、酵素が多い野菜の摂取。

 

 静電気の制御と食べ物もつながっているのだ。

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め