帯状疱疹後疼痛 秘密の治療法

帯状疱疹後の治療法 音波

 水疱瘡はウイルスで血液を介し全身に広がるのに対し、冬眠から目覚めた水痘ウイルスは潜伏先の神経節から神経を壊しながら広がっていき皮膚にでる。

 

 神経に炎症が起こり、ブラジキニンやプロストグランジンという痛みを引き起こしたり感じやすくさせたりする物質が分泌され局所に疼痛を感じる。

 

 個人的な話だが、三叉神経、つまり顔に出やすく、私も左側目の付近に帯状疱疹が出た。

 

 帯状疱疹は誰にでもなる可能性のあるものなのだが、どこに出るかは予想が難しい。

 

 また、三叉神経付近というのは実は大変危険で、悪ければ脳炎や耳鳴りの後遺症、失明などの危険性が実はあるのである。

 

 (私は左目の付近に出て、二人の目医者さんに診てもらったが、最初は結膜炎と区別がつかなかった。処置が遅れ、疼痛が残ったが、不幸中の幸いで今は滲んで見えるが、視力は治っている。)

 

 最初は皮膚がピリピリするだけで、外観上はなにもない。変化が出るのが1週間後くらい。このとき帯状疱疹と気づくのは実は難しいが、違和感を感じたとき、すぐに対処することが実は望ましい。

 

 その後、このピリピリ感が、痛さの程度が違うのだが続く。

 

 帯状疱疹が治ったのにずっと痛いのだ。

 

 これはウイルス自体は冬眠に戻ったが、神経が変性してしまったために痛いのだ。
 
 だから、抗ウイルス剤を飲んでもこれ以上は痛さは軽減しない。
 
 (実は何年か後の話だが、試しに別の皮膚科の先生にバルトレックスを出してもらったことがある。やはり抗ウイルス剤では後遺症は治らなかった。)
 
 帯状疱疹と帯状疱疹後疼痛は別の病気で、疼痛が残ると残念ながら痛いままなのである。

 

 痛いと先ほどのプロセスで、ブラジキニンやプロストグランジンが産生されて痛さが増幅されていく。

 

 悪循環なのである。

 

 交感神経が患部の血管を緊張させ、血の巡りが悪くなる。筋肉が凝る。上記のプロセスが亢進される。ずっと痛さを感じる。

 

 よって患部を温めて血の巡りをよくすると、痛さが軽減される。しかし痛んだ神経自体が元に戻るわけではないので、温めても軽減するだけ。寒かったりして患部が凝るとまた痛くなる。

 

 振り返ると、私も冬、ピリピリと左の顔が痛く、常時涙を出していた。夏は涙が出る頻度が少なくなっていた。血行の問題なのだ。風呂で患部を温めるというのはあながち悪くないのだ。

 

 針治療でしのいでいたが、やはり痛さが完全に取れることはなかった。

 

 神経痛の原因が神経の損傷と考えると、その神経を直すしか方法がない。

 

 しかし現実には、傷つき壊れてしまった神経は歯と同様、元には戻らないのだ。

 

 何を食べても、どんな薬を飲んでも。

 

 雑誌などに帯状疱疹後神経痛に効く食べ物があるが、もし傷ついた神経を元に戻せるなら、発見者はノーベル賞の候補になってもいいのではないだろうか?

 

 いや、皮肉でもなんでもなく純粋にその食べ物がほしい。

 

 帯状疱疹後神経痛はどこに出てもつらいだろう。僕は現実的な治療法について調べ、ペインクリニックで神経ブロックをお願いしようと思っていた。

 

 神経が元には戻らないなら、神経ブロックなら・・・と思ったのだ。

 

 最近テレビでやっている神経痛に効くリリカという薬も魅力的だが、常時飲み続ける必要がある。

 

 仕事が忙しく、なかなか時間が見つけられなかったとき、神経ブロックも薬と同じでけして半永久的なものではなく、定期的にメンテナンスが必要なことを知った。

 

 躊躇した。

 

 そのときに、偶然だが神経を癒す音波の存在を知った。

 

 ハリの先生が、周波数治療器はどうかと勧めてくれたのだ。どこにでも売っている、患部をパッドに当てて電流で患部の血行をよくするものだ。

 

 あいにく家電量販店に在庫がなく、ネットで買おうかと探しているうちに、偶然神経を癒す周波数に行き着いた。

 

 家電で売っているものと概念が違う。

 

 患部に音波をあてるという考え方。

 

 オカルトではない。音波を利用するもの。考えれば音波は不思議な力でもなんでもない。目には見えないが、物理的なものだ。ミトコンドリアのことを調べていたときに自分の体が、細胞の単位でリズムを取って同調していることを知った。

 

 そのリズムを患部に当てると、その部分が修復するというのだ。

 

 本来は電磁波なら強力なのだろうが、怖かったので音波を利用して、患部に当てた。

 

 ネットに流れているものだし、失敗しても副作用もなさそうだ。

 

 調べると、周波数を健康に役立てる健康法はいろいろな種類があり、この分野は研究中のものがほとんどだ。

 

 要するに未知の分野(冒険でしょ)。

 

 何もわからないのに、自分の体を実験にするのは実は賛成しない。脳波を活性させるものもあるが、よくわからないものに自分を委ねるのはやはり賛成しない。危険である。

 

 物理的な音波ならいいだろうと、神経が修復されるというものを恐る恐る当ててみる。

 

 結論から言うと、・・・数日で治った。
 
 何かの薬を飲まず、特別な食べ物を食べず、痛くなくなった。
 
 うそかと思ったが、あれからしばらくしても痛みはない。
 
 涙が止まった。
 
 神経が修復したとしかいえない。
 
 ・・・。

 

 ほかの人に当てはまるかどうかわからないが、十年近く悩んでいた神経痛が治った事実だけが残った。

 

 

 

 付記

 

 悪夢のようだった疼痛が治ってから何年か経ち、この記事を読み直している。

 

 ネットではソルフェジオ関連の音波が数えきれないほど流れている。

 

 ソルフェジオ以外にも色々な病名に対応する音源が流れ始めていて、ネットの力には驚きを禁じ得ない。

 

 しかし顔のシミや顎の疼痛など治らないものもあった。

 

 自己責任で色々試してみるのもいいと思う。

 

 

 

 

 

 

帯状疱疹後疼痛 秘密の治療法 関連ページ

帯状疱疹のメカニズム
帯状疱疹 なめていると結構怖い
帯状疱疹の顛末
帯状疱疹後疼痛のメカニズム
HPV(ヒトパピローマウイルス) ひとつのガンの原因
若さの秘訣はまさかの・・・?
健康にいい周波数、危険な周波数
さわやかなガン告知が一転崖から落とされる
地元でなく東京の入院先決まる。発覚後10日で手術。
しかしインフォームド・コンセントってなに?
先生を怒らせてしまった。でも奇跡のきっかけ
2つの僥倖 手術痕と胃
手術後の原因不明の寝汗&各種の激痛
周りで癌で亡くなった人がいる中での5年たった所感
耳下腺癌って何? 一難去ってえーまた?
顎関節症 原因は交通事故の10年殺し
顎関節症 最高の治療法今のところこれ以上はない。
顎関節症 無理に口を開けたらだめ、耳下腺腫瘍の経緯
顎関節症 本気で縁を切りたい病気
顎関節症 手術後、癌発覚
顎関節症 お勧めのストレッチ
癌の三大療法はいいのか悪いのか?
ピロリ菌の感染は母の愛?
ピロリ菌 あなたの胃弱は遺伝でなく感染? 
ピロリ菌 胃カメラではなぜ人気の内科に行くべきなのか?
ピロリ菌 除菌のメリットとデメリト
ガンの心得
ガンの心得 あなたの生きる理由は何?
ガンの心得 無料の制ガン剤?
潜在意識について
あえて混んでるクリニックに行く理由
サウナの効果について
食事療法の考え方
麻酔と記憶力の関係
禁煙のその後

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め