帯状疱疹のメカニズム

帯状疱疹のメカニズム

 帯状疱疹とは何だろう?

 

 まわりではあまり聞かないかもしれないが、実は多くの人が罹る可能性のある病気なのだ。 

 

 幼少期の水疱瘡という前振りがあるのだが、大抵は5歳までに90%の人がかかり、15歳までに95%の人がかかる。

 

 もし幼少期に水疱瘡に罹らず大人でなってから罹ってしまうと高熱、全身発疹。

 

 また、水疱瘡のほかに肺炎、脳炎を併発する可能性があり重症化するといわれている。

 

 飛沫感染。つまり咳、くしゃみなどで空気感染する。

 

 水疱瘡は症状として、発疹、倦怠感、熱がでる等あるが、かゆみはあっても神経性の痛みはない。

 

 一度かかると、ウイルスに対して免疫が出来る。

 

 はしかやおたふくは一生の免疫だが、水疱瘡、つまり水痘ウイルスに対しては40年から50年程度の免疫があるのみと言われている。

 

 (つまり、若者は帯状疱疹とは基本的には無縁で、免疫の切れた50代頃から徐々に帯状疱疹のリスクが出てくる。)

 

 水疱瘡の症状が一段治まると、水疱瘡は完治するが、ウイルスは遺伝子という形で神経の末端から体の奥の神経節に移動し冬眠する。

 

 体の奥に一生居座り続けるのだ。

 

 そして何十年か経ち、中年になり、疲れなどで免疫力が落ちたとき、冬眠から目覚めて神経を通って広がっていくので強い痛みを伴うことになる。
 
 つまり帯状疱疹は新たな感染ではなく、体力が落ちたとき、もともと何年も前から自分が持っていたウイルスが悪さをしているのだ。
 
 (私自身は癌の診断を受ける数年前、30代後半という若さで罹患した。8月の最盛の中、激しい痛みを伴い帯状疱疹になった。時期的には夏バテの時期だ。毎年毎年ひどい夏バテを経験していて夏が嫌いだった。今思うと体のメンテナンスを怠っていた。)

 

 大体、水疱瘡患者の10〜20%程度がその後帯状疱疹にかかるといわれている。

 

 症状だが、一番最初はなんだか患部がヒリヒリ痛い。

 

 これが一週間弱程度。

 

 痛いだけで、皮膚に症状がないので我慢しがちだが、ここで診断を受けて抗ウイルス剤をもらうのが一番いい。

 

 個人的には顔の左目付近にでた。

 

 目にゴミが入ったのかな?とか、虫さされかなと思いがちで帯状疱疹の初期とは気づきにくいのが難点である。

 

 その後、人によって、場所によって、眠れないほど痛い人が出てくる。

 

 いよいよ我慢が限界になり、一般的には病院に行くわけだ。

 

 その後、皮膚に発疹が出来、20日から一ヶ月程度で痛みが取れていく。通常は、適切な診断が下れば、病院で抗ウイルス剤をもらって治す。

 

 理想は抗ウイルス剤は症状が出てから72時間以内と言われている。

 

 つまり帯状疱疹と気がついてから3日。

 

 この間に対処すれば、後遺症とは無縁である。

 

 大抵は一度帯状疱疹になると、水痘ウイルスの免疫が更新されるので、2度3度と帯状疱疹になることは考えにくい。

 

 帯状疱疹は水疱瘡と違い、皮膚の病気というよりは帯状疱疹とは別種の、新たな神経の病気である。
 
 違う病気なのだ。

 

 神経節に潜伏して冬眠していたウイルスが、神経の根元から末端に増殖しながら進み、その時激痛を感じるのだ。

 

 よって、全身に痛みがあるというよりも、局所的であり(顔半分とか体の片側とか)、 神経に沿って広がっていくので、発疹は線状にみえるのが特徴である。

 

 振りかえって思うことだが、夏バテなど、極端に体力、免疫を落とすのは帯状疱疹だけでなく健康全体にもよくない。

 

 30代後半という年齢で帯状疱疹になった自分を呪いたいが、このとき免疫の強化に気づいていればその後の癌にも十分対応できたと後悔している。

 

 夏の最盛期には食欲が落ちるが、冷たいものは飲まず、体を冷やさない。
 
 日常的にビタミンの補給を注意するのがいい。
 
 個人的には夏といわず、ビタミンCとBを摂っているが、お勧めの体力維持方法である。
 
 

 

 

 

  
 

 

 

帯状疱疹のメカニズム 関連ページ

帯状疱疹 なめていると結構怖い
帯状疱疹の顛末
帯状疱疹後疼痛のメカニズム
帯状疱疹後疼痛 秘密の治療法
HPV(ヒトパピローマウイルス) ひとつのガンの原因
若さの秘訣はまさかの・・・?
健康にいい周波数、危険な周波数
さわやかなガン告知が一転崖から落とされる
地元でなく東京の入院先決まる。発覚後10日で手術。
しかしインフォームド・コンセントってなに?
先生を怒らせてしまった。でも奇跡のきっかけ
2つの僥倖 手術痕と胃
手術後の原因不明の寝汗&各種の激痛
周りで癌で亡くなった人がいる中での5年たった所感
耳下腺癌って何? 一難去ってえーまた?
顎関節症 原因は交通事故の10年殺し
顎関節症 最高の治療法今のところこれ以上はない。
顎関節症 無理に口を開けたらだめ、耳下腺腫瘍の経緯
顎関節症 本気で縁を切りたい病気
顎関節症 手術後、癌発覚
顎関節症 お勧めのストレッチ
癌の三大療法はいいのか悪いのか?
ピロリ菌の感染は母の愛?
ピロリ菌 あなたの胃弱は遺伝でなく感染? 
ピロリ菌 胃カメラではなぜ人気の内科に行くべきなのか?
ピロリ菌 除菌のメリットとデメリト
ガンの心得
ガンの心得 あなたの生きる理由は何?
ガンの心得 無料の制ガン剤?
潜在意識について
あえて混んでるクリニックに行く理由
サウナの効果について
食事療法の考え方
麻酔と記憶力の関係
禁煙のその後

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め