帯状疱疹の顛末

帯状疱疹の顛末2 低周波治療器?

 その後、2度の癌があり、同時進行で額関節症があり・・・。

 

 (顎関節症のほうがもっと古いか・・・。)

 

 とまあ、人に言っても理解されぬ痛みの二重奏で苦しんでいた。

 

 外見上はほとんどわからないのが、人の同情を買えないところだ。

 

 顎関節症の治療で、鍼に通っていて、これが私の様々な神経痛に大変よく合っていた。

 

 しかし、左の顔の目の付近はなかなかよくならない。

 

 神経が変性してしまっているものに関し、元には戻らないのだ。

 

 根本治療にはならない。

 

 何でも万病に効く方法はないな、というのが正直な感想。

 

 (民間療法などは2つ以上並行するのがいいのではないか。)

 

 痛みは激痛時の1割程度にはなったが、そこから完全には治りきらない。

 

 残念ながら涙も止まらない。

 

 顎関節症も、激痛時の1割程度。・・・しかし常時痛いことは痛い。

 

 社会生活はできるようになった。

 

 ネットで治療法を探すが、神経痛は厄介だ。

 

 鍼が効くと思ってから、鍼の先生に顔によく鍼や電気を通してもらっていた。

 

 そんな時・・・。

 

 ある朝起きたら、左目が痛い。

 

 やばいかも、直感した。

 

 すぐ眼科へ。

 

 角膜が傷がついて、白濁している。

 

 ほんとうにやばかった。

 

 弱り目に祟り目とはこのことか。

 

 左目を寝る前にマッサージしているし、痛いので寝ている間に知らずに触っていたのかもしれない。

 

 ばい菌がはいっていた。

 

 いろんな薬をもらって、最終的には紹介状をもらって総合病院の眼科へ。

 

 なかなか治らなかったが、眼球そのものの痛みはなくなったので、最後には自然に行かなくなった。

 

 左目の視力は幸いにも変わらないが、以来物が滲んで見えるようになってしまった。

 

 ・・・そんな時、また、帯状疱疹後疼痛がグっと痛くなりだしたのだ。

 

 え?

 

 泣きっ面にハチとはこのことか。

 

 言葉が見つからない。

 

 自分で考えた結果。

 

 眼科ではなく、整形外科に行こうと判断。

 

 今度は、薬剤師の妻に相談。

 

 今度眼科じゃなくて整形外科に行って、痛み止めをもらおうと思うんだけどどうかな?

 

 いいんじゃない。

 

 リリカは効くかな?

 

 あれは痛みそのものを消すのではなくて、痛く感じなくさせるものだけどね・・・との説明を受け、ずっと飲み続けなければいけないと思い断念した。

 

 ボトックス注射はどうかな?

 

 ・・・・。

 

 調べた結果、ボトックス注射は半年ごととかに打ち直す必要があり、やはり断念。

 

 帯状疱疹後疼痛に根治はないのか?

 

 ネットや本で調べまくる。

 

 なにやら、食べ物で治るものがあるらしい。

 

 しかし、体験談が乏しい(売らんかなノインチキには引っかかりたくない)。

 

 あせっていた。

 

 帯状疱疹後疼痛が結構痛い。

 

 激痛時の5割くらいに戻ってきている。

 

 左目にステロイドをはじめ、いろんな薬の刺激を与えすぎたからか?

 

 一瞬、片目になるかもな、との思いもよぎる。

 

 鍼の先生からは、帯状疱疹は痛みが残ると、本当に治りにくいんだよ、と。

 

 その時、先生が何気なく低周波治療器はどうか?と。

 

 低周波治療器?

 

 あーあれだ。

 

 知ってる知ってる。

 

 パッドがあって、電気で幹部に刺激をあたえるやつ。

 

 早速、大きな電気屋へ。

 

 ない。

 

 なんでないの?

 

 どうなってんの?

 

 片目を押さえながらつぶやいた。

 

 ほんとうにやばいかも。

 

 じゃあ、ネットで探そう。

 

 そう思って、ネットで低周波治療器を検索。

 

 結果的には、これが帯状疱疹後神経痛が治ったきっかけだった。

 

 治療器には、気に入ったものがなかった。

 

 しかし、周波数、という単語にはすごくいろいろな情報が載っている。

 

 気をつけなければいけないのは、オカルトだ。

 

 説明のつかない現象にはすぐに、オカルトチックなサイトが引っかかる。

 

 勿論、オカルトには一切興味はない。

 

 ただ、検索して、これはもしかしたら治るかも・・・と思ったものがあった。

 

 人間の内部に影響を及ぼすものは何だろう?

 

 電磁波。

 

 熱。

 

 磁力。

 

 音波。

 

 どれも健康に関係がある。

 

 しかも、メスを入れなくても、体の内部に何らかの影響を与える。

 

 気をつけなければいけないのは害だ。

 

 外国で風力発電の小さな低周波の音が、健康に害を及ぼしているとの報告がある。

 

 携帯の電磁波。

 

 電気毛布や高圧電線の変電気の電磁波。

 

 IHクッキングや電子レンジの電磁波。

 

 起きているときはまだいいらしいが、寝ていて、免疫が下がっているときが危険らしい。

 

 あと、あまり話には出てこないが、電柱を地下に埋めると、付近で癌になる人が多くなるという話をウワサで聞いたことがある。

 

 景観がよくなると利点を主張する観光地があるが、住んでいる人の健康は大丈夫なのか?

 

 話は変わるが、地方の科学館などで、砂に音波を当てて波紋を作るパフォーマンスを実際に見たことがある。

 

 音波だが、電磁波も乱暴な言い方をすれば似ている。

 

 人間の体はいろいろな物質でできていて、水が媒介している。

 

 ある周波数を当てれば、身体は物質なので必ず何らかの反応が出てしかるべきなのだ。後、ミトコンドリアのカテゴリーで調べたことがあるが、確かに人間の細胞内は絶妙なリズムをとって協働している。

 

 体調が悪いときリズムが狂っていて、音波でそのリズムを整えると考えると、あくまで推測だがわかりやすい。

 

 ではその周波数は何か?

 

 ネットではまことしやかにいろいろな周波数が出ている。

 

 健康にいいといわれる周波数の根拠は、調べたが、薄い。

 

 何の根拠もない宗教的なものが発信源だったり。

 

 確かに怪しい。

 

 周波数は物理現象なので、一見不思議な現象が起きてもオカルトではないのに、オカルトの話ばっかり。

 

 しかし、一方で目が痛い。

 

 あー悩んでいる暇などないのだ。

 

 科学的な検証はなかったが、痛い上に焦ってもいた。お金がかかるものではないのでユーチューブからある音源をダウンロードし、思わず患部に当てた。

 

 数日後、え?

 

 !!!

 

 結果、なんと10年来の帯状疱疹後神経痛がほぼ完治。

 

 涙も出ない。

 

 痛くもない。

 

 ある周波数。

 

 それは音波だった。

 

 放射線や、電磁波、磁力、光線。

 

 こういたものは人体に影響を及ぼす。

 

 私の視神経は、推測だが、今そこにウイルスがいるわけではない。変性していて痛いのだ。

 

 その神経の損傷を正さなければならないと感じていた。

 

 健康によいとされているものが確かにあるが、研究中のものがほとんどで、理論も乏しく、眉唾のものが混在している。仕事の合間に勉強して納得してからその療法をするのは大変だ。手間、暇、時間がかかる。

 

 ネットの通販では周波数治療器がいくつかあった。目に音波を当てるものや、電磁波を利用するものもあった。

 

 西洋医学の薬でなく、面白い。

 

 欲しい。

 

 よく調べると、中にはその周波数が公開されているものもあった。

 

 しかし、どれもびっくりするほど値段が高い。

 

 欲しかったが、正直とても小遣いやへそくりでは買えない。

 

 命の危険にある人が、財産の何分の一かを用意するくらい(大げさか)に考えてある値段設定だった。

 

 難病が確実に治るのなら、それでも買うだろう。

 

 音波の治療機は電磁波の治療器と比べると割合安かったが、それでもやはり小遣いではけして買えない値段だった。

 

 ・・・とりあえず、ネットに流れているいいと言われる音波の周波数を患部に当てるか。
 
 藁をもすがる気持ちとはこのことだろう。

 

 体は水でできているので、音波、超音波も体の表面だけでなく中にも影響がある。

 

 超音波は体の内部の検診に使われている。

 

 エコー検査。

 

 音波は体の中にまで届くのだ。

 

 (具体的な周波数は公表しない。根拠が薄いので、危険だと思う。もし間違っていても責任の一端を負えない。 眼の手術の際にある超音波を目に当てて、角膜の一部を破壊するという療法が実際あるようだ。よく調べずに適当に目の近くに音波を当てたら事故が起こる可能性がある。こういう研究中のよくわからない領域はどうしても自己責任になる。)

 

 個人的には、十年来の帯状疱疹後疼痛が、1週間、1〜2時間程度の照射でなおった。

 

 ただし、顔にできた濃いシミとか、顎関節症にはいまひとつ効果がない。

 

 というか全く効いていない。

 

 なぜなのか?

 

 原因がそれぞれなので、万病に効くというのはないのかな、というのが感想である。

 

 

 

 付記すべき点だが、私には食道にポリープがある。
 
 ピロリ菌検査の胃カメラのとき指摘されていた。
 
 ガンではないので放置していた。
 
 そこにも、ある別の音波を1〜2時間かけていた。
 
 音波を色々なものに照射していた時期がある。
 
 しばらくするとみぞおちが痛いときがあった。
 
 大丈夫か?
 
 みぞおちの手術痕も痛くなったときがあった。変な刺激あたえちゃったかな、と少し後悔した。
 

 癌が再発か?
 
 数日後、黒い便がでて、それ以降、痛くない。
 
 人に言うと、おかしいんじゃない・・・とか、プラシーボだよといわれる。
 
 そのとおり、プラシーボかもしれない。プラシーボでも痛みがなくなればいい。
 
 胃カメラを飲んでないので、ポリープがどうなっているのかも解からない。しかし10年来の帯状疱疹後神経痛は明らかに軽減している。
 
 これは正直すごい効果だと思う。
 
 (その後、胃癌の5年目の定期健診で胃カメラを飲んだが、ポリープは消失していた。)
 
 
 

 
 
 

帯状疱疹の顛末 関連ページ

帯状疱疹のメカニズム
帯状疱疹 なめていると結構怖い
帯状疱疹後疼痛のメカニズム
帯状疱疹後疼痛 秘密の治療法
HPV(ヒトパピローマウイルス) ひとつのガンの原因
若さの秘訣はまさかの・・・?
健康にいい周波数、危険な周波数
さわやかなガン告知が一転崖から落とされる
地元でなく東京の入院先決まる。発覚後10日で手術。
しかしインフォームド・コンセントってなに?
先生を怒らせてしまった。でも奇跡のきっかけ
2つの僥倖 手術痕と胃
手術後の原因不明の寝汗&各種の激痛
周りで癌で亡くなった人がいる中での5年たった所感
耳下腺癌って何? 一難去ってえーまた?
顎関節症 原因は交通事故の10年殺し
顎関節症 最高の治療法今のところこれ以上はない。
顎関節症 無理に口を開けたらだめ、耳下腺腫瘍の経緯
顎関節症 本気で縁を切りたい病気
顎関節症 手術後、癌発覚
顎関節症 お勧めのストレッチ
癌の三大療法はいいのか悪いのか?
ピロリ菌の感染は母の愛?
ピロリ菌 あなたの胃弱は遺伝でなく感染? 
ピロリ菌 胃カメラではなぜ人気の内科に行くべきなのか?
ピロリ菌 除菌のメリットとデメリト
ガンの心得
ガンの心得 あなたの生きる理由は何?
ガンの心得 無料の制ガン剤?
潜在意識について
あえて混んでるクリニックに行く理由
サウナの効果について
食事療法の考え方
麻酔と記憶力の関係
禁煙のその後

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め