顎関節症 手術後、癌発覚

顎関節症 手術後、癌発覚

 紹介状を持って連携病院に行く。

 

 (地元の市立病院。)

 

 暑い日だった。・・・しかも混んでる。

 

 半日は完全につぶれるな。・・・ようやく受診になったが、先生は私より若い感じの体格のいい方だった。

 

 私は胃癌のこともあり癌に敏感になっていて、そのことを話した。

 

 その耳鼻科の先生は、耳下腺腫瘍は一般的に癌の可能性は低くそのままでも実害はないよ、とのことだった。

 

 そんなに心配ならと念のため小針で患部を刺し、精密検査する。

 

 後日だが、癌ではなかったとの検査結果を得る。

 

 ま、あたりまえだよな。人生でそんなに、癌にはならないよな。・・・さすがに。

 

 しかし私としては、この耳下腺腫瘍をとることで顔の見栄えも回復するし、何よりも額関節症が治るのでは?と思っていた。普段受けているハリ治療が功を奏し、アゴは比較的小康状態だった。でも、完全ではなかった。小さな痛みが残っている。小さな痛みでも四六時中痛むと、やはりストレスなのだ。

 

 少しでも体にいいことを選択したかったというのが動機。

 

 目の前の秋。9月中旬に1週間ほどの休みがあった。

 

 先生は消極的で、耳下腺腫瘍は今実害がなければあえて取る必要がないのでは、といわれた。

 

 そこをあえて手術をお願いしたのが、7月下旬。

 

 (ちなみにその前の年に胃の手術をしている。)

 

 せっかくの休みで、その9月にはすでに家族の予定があったが、背に腹は変えられない。

 

 申し訳なかったが、そこを手術の日程に合わさせてもらった。

 

 癌ではないので緊急入院ではない。

 

 結果、10日ほどの入院だった。

 

 手術の雰囲気や、手術室に関して全身麻酔で、以前の手術と同様に何もわからない。

 

 笑気ガスで気絶。

 

 手術後は食べ物や、睡眠に関しても前回ほどの制限があるわけではでないので随分楽だった。

 

 手術後は、おたふくのように顔に包帯をぐるぐる巻きにしていた。

 

 ただ手術が終わって先生と面談のとき、腫瘍の生検を見た先生は申し訳なさそうに、いや実は癌でした・・・。

 

 は?ガン?

 

 …どういうこと?

 

 手術前の検診では癌ではない部分を針でさしたのだろう。

 

 腫瘍の一部が癌だったということ。

 

 このときの先ず感じたのは、自分の病気に対する無知さ加減が非常に腹が立った。

 

 病気に無知なのが残念でならない。自分のバカが悔しい。
 
 手術をしたのは偶然にも私の意思だった。

 

 先生は切らなくてもいいとおっしゃったが、癌が大きくなるのを回避できたのは
単なる偶然にしか過ぎない。

 

 先生に聞いてみた。

 

 もしあのまま手術しなければどうなっていたのでしょうか?

 

 先生、・・・大きくなっていたでしょうね・・・。

 

 それ以上はなにか責めるようになってしまうのでバツが悪い雰囲気に耐えられずその話題をやめた。

 

 無知はダメだと痛感した。

 

 バカはダメだ。

 

 助かったら・・・ガンを勉強しよう。
 
 人に任せていたらダメだ。

 

 今、耳下腺癌は術後経過を定期的に見てもらっている。とりあえず手術が終わってよかったというところか。

 

 その後、その先生はその病院を退職されたが、手術自体はまあまあ上手だった。

 

 耳の横に傷跡があるが、目立たない。

 

 神経障害がある。触ると左耳の感覚が違う。

 

 が、それは仕方がないことだっと思う。神経の集まっているところだから。

 

 (三叉神経のところ)

 

 耳下腺を切除したことの副作用として、食後、背中に汗をかくとか唾液が出にくい等があるとのことだった。

 

 悩むほどではないが、その通りになった。

 

 朝、口が乾いて起きる。

 

 唾液がでにくくなっている。

 

 

 

 付記

 

 このサイトには健康になる方法論が各所に書かれている。

 

 相反するような健康法のなかで何が正しいのか考えて考えて一定の結論を導いている。

 

 公開してもいいものは方法論で、別の会員ページの書かれているのは本質論である。

 

 方法論はこのインターネトの時代、探せば今や公開されているものばかりに感じる。

 

 しかし本質論はだれもが知っていてしかし見落としがちな事柄が書かれている。

 

 癌のことを追っていて気付いたことが書かれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顎関節症 手術後、癌発覚 関連ページ

帯状疱疹のメカニズム
帯状疱疹 なめていると結構怖い
帯状疱疹の顛末
帯状疱疹後疼痛のメカニズム
帯状疱疹後疼痛 秘密の治療法
HPV(ヒトパピローマウイルス) ひとつのガンの原因
若さの秘訣はまさかの・・・?
健康にいい周波数、危険な周波数
さわやかなガン告知が一転崖から落とされる
地元でなく東京の入院先決まる。発覚後10日で手術。
しかしインフォームド・コンセントってなに?
先生を怒らせてしまった。でも奇跡のきっかけ
2つの僥倖 手術痕と胃
手術後の原因不明の寝汗&各種の激痛
周りで癌で亡くなった人がいる中での5年たった所感
耳下腺癌って何? 一難去ってえーまた?
顎関節症 原因は交通事故の10年殺し
顎関節症 最高の治療法今のところこれ以上はない。
顎関節症 無理に口を開けたらだめ、耳下腺腫瘍の経緯
顎関節症 本気で縁を切りたい病気
顎関節症 お勧めのストレッチ
癌の三大療法はいいのか悪いのか?
ピロリ菌の感染は母の愛?
ピロリ菌 あなたの胃弱は遺伝でなく感染? 
ピロリ菌 胃カメラではなぜ人気の内科に行くべきなのか?
ピロリ菌 除菌のメリットとデメリト
ガンの心得
ガンの心得 あなたの生きる理由は何?
ガンの心得 無料の制ガン剤?
潜在意識について
あえて混んでるクリニックに行く理由
サウナの効果について
食事療法の考え方
麻酔と記憶力の関係
禁煙のその後

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め