耳下腺癌って何? 一難去ってえーまた?

耳下腺ガンについて 一難去ってえーまた?

 口が開かない? が、がく?顎関節症? なんだそりゃ?

 

 ちなみにだが、40代になり、ガンに2度なった。

 

 ウソだろ、と思うが本当だ。

 

 厄年って本当にあるのか?

 

 風邪をひかない。インフルエンザにもかからない。

 

 しかし癌には・・・ここ数年で、何度かなってしまうんだな・・・これが。

 

 いくつか免疫に種類があるが、風邪とガンで違うのかね。

 

 周りで、その話はあまりしないが、どうしても話題として出てくると、みんな引く。

 

 それこそドン引き。

 

 もちろん癌という単語を出すと笑えないので、私としても苦笑いしながらだ。

 

 だから普段は話さない。

 

 完全に場がしらける。

 

 私は、スキルス性胃癌と同時期に、顎関節症で苦しんでいた。

 

 そしてそれが耳下腺癌になっっていった。

 

 胃癌を手術し1年経った頃、仕事の休みを利用して耳下腺腫瘍を切った。

 

 その経緯もここに記録したいと思う。

 

 それぞれ違う病気で、転移ではないようである。

 

 耳下腺癌も初期で、もともとは耳鼻科の先生からは耳下腺腫瘍は90パーセント癌ではないといわれていた。

 

 耳下腺腫瘍を手術する前に細胞診をしたが、その時はもちろん癌ではなかった。

 

 手術後、腫瘍全部を顕微鏡検査したらそこに癌があったというわけだ。

 

 だから、別ページで書いてある胃癌と違い、恐怖を味わったわけではない。

 

 あとになって結果で知ったのだ。

 

 今まで胃癌のことを中心に書いていが、そのさかのぼること数年前、いや、もしかしたら大学生時代に耳下腺癌の根があったことを付記しておく。

 

 一番最初は交通事故で右肩を脱臼。

 

 その後片頭痛。チック症へと順調に症状が変わることを経験。

 

 (チック症のときは口が開きました。当時は顎関節症は無症状)

 

 その後、チック症が治ると同時に顎関節症に症状が移る。

 

 口が開かないのは根性の問題なのではないかと無理に開いたら、翌日耳下腺腫瘍発症。

 

 ぽこっと左の耳の下が腫れたのだ。

 

 数年放置し、耳下腺癌に進行。

 

 今思えば数年ごとに症状が変わっていった。ここまで症状が進むのに20年くらい経っている。

 

 もしかしたら原因がわかっているので、原因不明の一般的な顎関節症の方とは違うかもしれないが、自分の顎関節症の症状を書くことによって、癌や顎関節症の治療法の何らかのヒントになれば・・・と思っている。

 

 

 

 付記
 
  手術でスキルス性胃癌は取り除けた。その後耳下腺癌については上手に整理できていないが時間的には同時並行である。
 
 胃癌の手術のあと引っ越しし、ほっとする間もなく二つ目の癌発症となる。
 
 『スキルス性胃ガンからの生還。僕の人生やっぱり泡沫』というブログから転載しているが、整合性がうまくあわないのは愛嬌だとおもって許してほしい。
 
 2つの手術の時間的な流れは、大まかにこの「大いなる序奏」カテゴリーの上から下に向かっている。
 
 

耳下腺癌って何? 一難去ってえーまた? 関連ページ

帯状疱疹のメカニズム
帯状疱疹 なめていると結構怖い
帯状疱疹の顛末
帯状疱疹後疼痛のメカニズム
帯状疱疹後疼痛 秘密の治療法
HPV(ヒトパピローマウイルス) ひとつのガンの原因
若さの秘訣はまさかの・・・?
健康にいい周波数、危険な周波数
さわやかなガン告知が一転崖から落とされる
地元でなく東京の入院先決まる。発覚後10日で手術。
しかしインフォームド・コンセントってなに?
先生を怒らせてしまった。でも奇跡のきっかけ
2つの僥倖 手術痕と胃
手術後の原因不明の寝汗&各種の激痛
周りで癌で亡くなった人がいる中での5年たった所感
顎関節症 原因は交通事故の10年殺し
顎関節症 最高の治療法今のところこれ以上はない。
顎関節症 無理に口を開けたらだめ、耳下腺腫瘍の経緯
顎関節症 本気で縁を切りたい病気
顎関節症 手術後、癌発覚
顎関節症 お勧めのストレッチ
癌の三大療法はいいのか悪いのか?
ピロリ菌の感染は母の愛?
ピロリ菌 あなたの胃弱は遺伝でなく感染? 
ピロリ菌 胃カメラではなぜ人気の内科に行くべきなのか?
ピロリ菌 除菌のメリットとデメリト
ガンの心得
ガンの心得 あなたの生きる理由は何?
ガンの心得 無料の制ガン剤?
潜在意識について
あえて混んでるクリニックに行く理由
サウナの効果について
食事療法の考え方
麻酔と記憶力の関係
禁煙のその後

HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め