癌の本当の原因

 ミトコンドリアはエネルギーを作る場所。

 

 そのカスが、活性酸素。

 

 活性酸素が悪さをして、その人の弱いところが病気になる。

 

 ある人は糖尿病、アトピー、認知症などなど。

 

 適当に言えば、ほとんどの病気の原因はミトコンドリアから出てくる活性酸素と言っていいのではないか。

 

 活性酸素は何種類かあり、中には病原菌やウイルスを駆除するは白血球由来の善玉活性酸素もある。

 

 活性酸素は何でもなくせばいいのではなくて、悪玉活性酸素であるヒロドキシルラジカルをなくせばいい。

 

 そこで水素。

 

 水素はヒロドキシラジカルと結びついて水になる。

 

 むやみやたらにSOD食品をとるのはかえって免疫を下げるらしい。

 

 注意が必要だ。

 

 しかし今日はその話ではない。

 

 出所を忘れたが、殊、ガンは単純に活性酸素が第一原因ではなさそうである。何なのか?

 

 何が原因なのか?

 

 以前このブログ内で、原因は細菌やらウイルスやら化学物質やら・・・なんてことを書いた記憶がある。活性酸素は原因なのだが第一原因ではない。

 

 (ただし活性酸素が第一原因の癌もあると思っている。例えば、石綿などの場合、肺のアスベストを長期にわたって活性酸素が攻撃し続けることによって癌が発生する。)

 

 いろいろな本を読むうちに、安保徹さんの最近刊でガン解説の安保理論に出会った。

 

 オットーワールブルグの説から発展しているらしい。

 

 オットーワールブルグはガンのことを調べていると必ずでて来る有名な人物である。

 

 癌の真実を研究する人は必ず触れている。

 

 癌の研究でノーベル医学賞を取ったりしている。

 

 彼の功績により最近では糖質制限食がガンに効くことが言われている。これは大賛成である。

 

 さて安保氏の説だが、元来人間は二つの生命体(ミトコンドリアと真核生物)の共存関係で成り立っている。それが強いストレスで二つの細胞をつなげているガン抑制遺伝子が壊れ先祖がえりするというもの。

 

 うーん。心情的には賛成だが、否定も肯定もできない。

 

 安保氏の新奇な説は非常に気になっていた。

 

 それとは別にミトコンドリアのことをずっと調べていた。最近だが、あるブログ内で、もっとずっと調べている人がいた。ガンの原因は細胞内の乳酸アシドーシスだといっていた。

 

 ガンは活性酸素というよりはミトコンドリアの代謝不良だったというのは非常に納得がいく。

 

 その結果ミトコンドリアが窒息して、細胞が先祖がえりする・・・。この説は読む限りではいままでの知識と破綻がない。悔しいが、賛辞を送りたい。そしてすごいといいたい。ネット内では、ゴミみたいな情報とともにこういう有用な情報もあるのだな。

 

 検索は多分、乳酸アシドーシスで探せると思う。鈴森という方だった。そこにはどうすればガンを克服できるかも書かれていた。

 

 いままでずっといろいろな相対する健康食事法が乱立していた。

 

 僕らは迷っていた。炭水化物を取るべきか否か。肉を取るべきかどうか。アレがいいこれがダメ。あの栄養素はすごい。いやいやこっちの栄養素がすごいぞ。塩はどうする。砂糖はどうだ。

 

 個人的に意見はあるが、詳述は避ける。それよりも結局は細胞内の乳酸の代謝をどうするかに決着する。

 

 ミトコンドリアに働いてもらうようにするのだ。

 

 (方法論はいくつもある。闘病中の方は、そちらのブログを見てください。)

 

 話が前後して恐縮だが、こんなたとえ話をしたい。

 

 (架空の話)

 

 妻が夫を殺した。

 

 理由はトイレが臭いから・・・。夫がトイレを済ませた後、妻が入った。でも臭くて激高しすぐ出てきた。

 

 私が用を足せないと・・・。キッチンで夫を捕まえ、タイミング悪く、そこにあった包丁で・・・。

 

 これだけ聞いたら、妻の方がおかしいだろう。妻は夫のトイレが臭いから彼を殺した、ということになる。

 

 原因はトイレが臭いから。ニュースでは妻のことを面白おかしく言うだろう。ひどい妻だと。

 

 しかし本当だろうか?

 

 実はニュースでは触れられていなかったが、数年前に夫が不倫をしていたことがあったのだ。何とか体裁を保ちつつも妻の方は夫に対し不信感を持っていた。

 

 つまり妻は許したつもりが本当に心から許していなかったのだ。ギクシャクしたまんま。そこへ夫は前日の結婚記念日を忘れてすっぽかして留守にしていた・・・。翌日になっても、結婚記念日をすっぽかいたことは知らない感じ。

 

 そこでトイレ・・・とつながっていくのだ。

 

 何を言いたいかというと、きっかけは些細なことなのだ。

 

 第一原因は現象だけではわからないのだ。

 

 トイレが臭いはきっかけであって、本当の原因ではない。夫の不倫が原因。

 

 裏の話があるのだ。

 

 長くなったが、ガンもきっかけは千差万別。
 
 しかし、真の原因はミトコンドリアの不調。

 

 それを言いたかったのだ。

 

 (すべてではないが・・・。持論だがミトコンドリアの代謝不良による癌とそうでない癌があると思っている。)

 

 鈴森氏のブログは大変興味深い情報だが、現在の医療に対する不満も述べてあった。

 

 私自身は、何とも言いがたいが、是非読んで欲しい。

 

 私も時間を見つけて再度読んでみたい。

 

 

  付記

 

 真の原因はミトコンドリアの代謝不良説は最近ではよく言われるようになっている。

 

 『奥の部屋に進め』ではミトコンドリアの代謝不良以外の原因について触れている。

 

 原因に近いところに治療法があるのではないか。

 

 奇跡的にステージ4の癌から生還した人がいる。

 

 こちらのページでもたびたび触れている部分だが、共通した部分にヒントがある。


HOME プロフィール お問い合わせ 奥の部屋に進め